ESD静電気接地クランプ

ESD (静電放電)静電気接地クランプは、静電放電を防止するために電子機器をアースに接続するために使用します。これは、集積回路を使用するような機器がESDによる損傷を受ける可能性を低減し、火災の原因になるスパーク発生の可能性を低減することによってリスクを軽減します。


ESD静電気接地クランプはどのように機能するのですか?

ESD静電気接地クランプは、一方の端にクランプ、もう一方の端に接地機器が付いたコードです。クランプは車両やコンテナなどの機器に取り付け、もう一方の端はアースに接続します。通常、ワイヤには低抵抗の強力なコアと絶縁カバーが使用され、危険物から保護されます。


ESD静電気接地クランプのタイプ

ESD静電気接地クランプには、次の内容に応じたさまざまなものがあります。

  • クランプのジョー開口部のサイズ(固定する必要がある機器のサイズに応じて調整)
  • コードの構成(コイル状又はストレート)
  • コードの長さ

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) コード長 ジョー開口 コードスタイル 危険区域認証
RS品番 233-323
メーカー型番VESX70
メーカーNewson Gale
¥12,106.00
購入単位は1個
3m 25mm コイル ATEX
RS品番 233-339
メーカー型番VESX10
メーカーNewson Gale
¥28,693.00
購入単位は1個
5m 40mm コイル ATEX