煙 感知 器

煙感知器は商業施設と家屋の安全にとって重要な要素です。火災を検出し、住民に警告を発することができるので、火災時の安全性と意識を確保する上で最も効果的な方法で、人間による検出に依存しません。


RSコンポーネンツの煙感知器と火災探知装置には、主要ブランドの信頼性の高いモデルを取り揃えています。

イオン化煙検出

最も一般的な煙感知器はイオン化に依存しています。特殊なイオン化センサチャンバを備えているので、煙粒子が検出チャンバ内の空気の流れを妨げると、アラーム音が発生します。従って、煙感知器に煙の粒子が近づくと、すぐにアラーム音が鳴ります。日常的な台所作業での誤警報が発生しやすくなりますが、これらの煙感知器は火災探知にとって最も有効なツールの1つで、光学式の煙感知器よりも素早く火災時の炎に反応すると考えられています。

光学式煙感知器

光学式煙感知器は、感知チャンバ内でパルスLEDを使用しています。煙がこのチャンバに入ると、LEDライトが反射し、アラームをトリガします。光学式の煙感知器は、くすぶる火災に対してより迅速に反応すると考えられています。また、イオン化バージョンと比較すると、調理中に発生する煙や、浴室の蒸気による誤警報の回数が少なくなります。

熱検出

一部の火災警報器は、火災を識別するために煙ではなく熱を検出することに依存しています。熱検出器は、温度の「上昇率」又は特定の温度に反応する熱感知素子を備えています。上昇率(ROR)の検出器は、温度の急激な上昇を測定しますが、通常は特定の温度に反応します。熱検出器は煙に頼ることがないので、空気中の粒子が煙感知器の正しい操作を妨げる可能性のある、台所や洗濯室のような区域で使用されます。

バッテリ駆動又は有線火災検出システム

バッテリ駆動の煙感知器は広く使用されており、コスト効果も高い製品です。これら煙感知器には配線の必要がないので、ほとんどの場所に設置することができます。これらの製品の最大の欠点は、電池が切れると機能を停止する点ですが、ほとんどのモデルは、電池の残量低下の警告や電池テストボタンを備えているので、常に正常に機能していることを確認できます。

有線の煙感知器は主電源に配線され、商業施設で一般的に使用されます。煙感知器の利点は電池が切れないことです。主電源からの電力供給に依存していますが、停電時に備えて予備の電池を備えています。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) シリーズ タイプ 使用電圧
RS品番 240-0581
メーカー型番55000-122
メーカーApollo
¥2,626.00
購入単位は1個
Series 65 熱感知器 17 → 28V dc