検索キーワード履歴

    防犯カメラ

    CCTV ビデオレコーダは、 CCTV カメラから受信したビデオ信号を処理し、ハードドライブやクラウドベースのストレージサービスなどのストレージメディアにコンテンツを記録する電子デバイスです。



    CCTV ビデオレコーダはどのように機能するのですか?


    CCTV ビデオレコーダは、 CCTV カメラなどのセカンダリデバイスを使用してさまざまなファイル形式で生データをキャプチャします。 キャプチャされた信号は、定量化され、圧縮されます。 最新のデジタルビデオレコーダー( DVR )を使用すると、ユーザーはコンピュータやその他のインターネット対応デバイスからリモートでセキュリティ映像にアクセスできます。 ほとんどの CCTV ビデオレコーダは、さまざまなビデオファイル形式、解像度、画像を記録 / 再生できます。



    CCTV ビデオレコーダの種類


    CCTV デジタルビデオレコーダは、次の 4 つの主なカテゴリに分類できます。



    • コンピュータベースの DVR

    • セットトップボックスベースの DVR

    • ポータブル DVR

    • OTA (無線)スタンドアロン DVR



    CCTV ビデオレコーダの用途


    CCTV ビデオレコーダは、家庭内や自宅周辺など、さまざまな商業用途や住宅用途で CCTV カメラ映像を記録するために物理的なセキュリティ目的で一般的に使用されます。他にも 店舗、 レストラン 公共図書館などで使用され、公共の場への使用が増加しています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数