型番

ユーロ規格シリンダー錠

ユーロシリンダーロックは、ほとんどのドアで使用される一般的なタイプのロックです。 これは、 次に対し最も頻繁に選択されるドアロックです:uPVCドア、 複合材製ドアおよびアルミ製ドア。 シリンダロックの最も一般的なプロファイルは、英国で広く使用されているユーロプロファイルシリンダまたはピンユーロタンブラーです。 ユーロシリンダーロックは簡単に取り外すことができ、あらゆるドアに合うユーロシリンダーを入手することができます。 ユーロシリンダーの種類ハーフシリンダはガレージドアに使用されますが、片側からカギを使用して開けるタイプのあらゆるドアに使用できます。 ユーロダブルシリンダーは uPVC ドアに使用されます。 このダブルシリンダーロックは、いずれの側からもカギを使用して開けることができます。 サムターンロックは、共用および uPVC のドアで使用可能で、 内側の回転ノブまたは外側のキーでドアをロックできます。


ユーロシリンダーロックはどのように機能しますか?


ユーロシリンダーの構成はコア、 回転カム、 固定穴およびロックボディから成ります。 シリンダには特別な内部メカニズムがありません。 代わりに、コアにはピンタンブラーまたはディンプル構成があります。 回転カムまたはアクチュエータは、ハードプラスチック製または金属製のいずれかで、キーにより操作するロックの上に配置されています。 カム自体がロックボルトを動かします。 固定穴は、シリンダーをドアの内側に固定するための穴です。 ロックを所定の位置に配置したら、ねじを使用してデバイスを固定します。 シリンダー上には、 ギャップがあり、そこにカムを配置し、 2 つの C クリップで固定します。 このギャップにより 2 つのコアが分離されています。それぞれのコアに別々のキーを使用することも、同じキーを使用することもできます。追加のセキュリティシリンダー内のステンレススチールピンは、ドリルビットのスチールが保護金属よりも柔らかいため、アンチドリル保護機能を提供します。アンチスナップ機能はロックの割れを防ぎますが、主にロックが十分に機能するように保ちます。 非常に簡単なアイテム、 例えばヘアピン、クリップなど使用して ロックをこじ開けられます。 アンチピックロックは、ロックを開けることがほとんど不可能な設計です。 アンチバンプロックは、特別製のキーとより多くのピンを備えています。 ロックバンピングは、特別なキーを使用してタンブラーロックを開けるためのテクニックです。 取り外しと交換用のユーロシリンダは寸法が同じで、取り付けと取り外しが簡単で、 必要なのは、現在のロックの測定だけです。 中央のねじからシリンダーの両端までの長さを測定します。 ドアロックの全体的な寸法を使用すると、取り付け時にアンバランスになることがあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数