型番

アクセス制御 出口ボタン

Push to Exit button (退出用押しボタン)は、さまざまな用途とさまざまな形式で使用できます。 通常、すべて同じ標準形式に準拠しており、多くの場合、大型で使いやすいボタンを備えています。また、ユニットの目的を明確に示すために、大きなマークまたは文字が付随しています。


退出用押しボタンはどこで使用できますか。


退出用押しボタンは、あらゆるフェイルセーフまたはフェールセキュアドアシステムで使用できます。 制御ドアを備えた建物に出入りする必要がある場所ならどこでも応用できます。 退出用押しボタンに似ているのは、 入室用押しボタンですが、自動で制御されているドアシステムに取り付けられます。このシステムでは、障がい者の出入りを可能にします。


退出用押しボタンの種類


壁面取り付け型の物理ボタンユニットは、さまざまなサイズのボタン面を持つユーザーがアクティブにするシンプルな押しボタンを備えています。 一部の押しボタンは小型化された 埋込型ボタンパッド(ユニット内)ですが、 他には大ききく盛り上がった ドーム型または大型面パッドスタイルボタンにより、特に障がいのあるユーザーにも使いやすくなっています。


タッチパッドプッシュ機能により出口ユニットは、標準の押ボタンユニットと同じ原理で動作しますが、通常、全体的なユニットサイズを小型化できるタッチインターフェイスを採用しています。 タッチパッドボタンは、通常の照明スイッチと同様に壁面に取り付けて、すっきりとした邪魔にならない外観にすることができます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数