オペアンプ

オペアンプは微弱な電気信号を増幅する集積回路です。オペアンプは日本の入力端子と1本の出力端子で構成されています。この2本の入力端子に入力された電位差によって動作します。
一般的な回路構成は、正負入力を持つ差動入力段、中間増幅段、出力段に分かれている。オペアンプは演算増幅器とも呼ばれています。これはかつてアナログコンピュータの演算機能をオペアンプを利用して構成していたことに由来しています。

当初のオペアンプはモジュールとして考案されていたため真空管やトランジスタなどで構成されていましたが、現在では集積回路で提供されています。

オペアンプのカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。


  • ...
    もっと読む 詳細の非表示

    絞り込み

    選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。