トランスインピーダンスアンプ

トランスインピーダンスアンプ(TIA)は、電流から電圧へのコンバータで、異なる種類のセンサからの電流出力を比例電圧に増幅するために使用されます。トランスインピーダンスアンプは、電圧応答より直線性の高い電流応答を備えたセンサと使用します。
トランスインピーダンスアンプは電流電圧コンバータ又はI → Vコンバータとも呼ばれます。

パッシブかアクティブか

パッシブ電流から電圧へのコンバータでは、パッシブエレメントのみを使用します。しかし、適切な動作には電流源と出力負荷が理想的であることが必要で、この種類のアンプには限界があります。出力負荷抵抗は無限大に近く、電流源からの電流は電圧とは独立していて、電流源には無限の内部抵抗が必要です。この条件を達成するのはほぼ不可能なため、電圧コンバータへのパッシブ電流はあまり使用されません。
電圧コンバータへのアクティブ電流は、バイポーラジャンクショントランジスタ(BJT)、電界効果トランジスタ(FET)又はオペアンプ(opamp)などのアクティブエレメントに基づいています。最も一般的な組み合わせは、トランスインピーダンスアンプをオペアンプと併用することです。

トランスインピーダンスアンプの主な用途
日常的に使用する電子機器の量により、トランスインピーダンスアンプには可能性のある用途が多数あります。トランスインピーダンスアンプでは、サーボ機構や照度計など、より高度な回路も可能です。

トランスインピーダンスアンプの精度

精度は、信号の状態、ヒステリシス、直線性など多くの側面によって異なる場合があります。また、動作温度と環境条件も精度に影響を与えます。影響は、ノイズフィルタなど追加の回路集積素子を使用して改善できます。

TIAの最も重要な仕様は何ですか?

どのTIAを選ぶかを決定する前に、以下のいくつかの重要な値を考慮する必要があります。

• 帯域幅
• ノイズ
• 信号帯域幅
• ゲイン
• 静電容量

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 電源タイプ 標準シングル供給電圧 標準デュアル供給電圧 1チップ当たりのチャンネル数 標準スルーレート 出力タイプ 標準ゲインバンド幅積 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 高さ 長さ 動作温度 Max
RS品番 709-5049
メーカー型番AD8015ARZ
メーカーAnalog Devices
¥1,028.00
購入単位は1個
シングル, デュアル 5 V ±2.5V 1 - 差動 - 表面実装 SOIC 8 5 x 4 x 1.5mm 1.5mm 5mm +85 °C
RS品番 912-6612
メーカー型番AD8015ARZ
メーカーAnalog Devices
¥634.01
購入単位は98個
シングル, デュアル 5 V ±2.5V 1 - 差動 - 表面実装 SOIC 8 5 x 4 x 1.5mm 1.5mm 5mm +85 °C