型番

タイマー回路

タイマ回路は、電子システム内の1つ又は複数のイベントシーケンスを制御するために使用されます。タイマ回路は、設定パラメータに従って、回路を現在の状態から別の状態に事前に変更することで機能します。

タイマ回路の用途

タイマ回路をさまざまな基本タイミング機能に使用して、 決まった時間だけ照明を点けたり、設定時間内にオンとオフを繰り返して、照明の点滅や照明シーケンスを作成したりすることができます。また、タイマ回路を使用して、特定の周波数の音階を作成することもできます。

555タイマ

最も普及しているタイプのタイマ回路は555タイマで、 8ピンのデュアルインラインパッケージに収められています。このパッケージには、25個のトランジスタ、 2個のダイオード、16個の抵抗があります。このデバイスは、非安定タイマ又は単安定タイマとして使用できます。

  • 単安定: ワンショットタイマと呼ばれることが多い 単安定タイマは、一定時間オンになった後オフになります。タイマがオンになると、タイミングプロセスが開始されます。
  • 非安定: 非安定タイマがオンになると、オン / オフのデジタル信号がコンスタントに出力されます。このタイマを使用してLEDを点滅させることができます。 点滅速度は、回路内にあるコンデンサによって決まります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード