クロックデバイダ

クロックディバイダは、周波数ディバイダの一種で、高周波の入力から低周波の出力を生成します。クロックディバイダは、電子妨害機器、通信システム、実験装置などで、周波数シンセサイザとして利用されています。


クロックディバイダの種類

クロックディバイダには、アナログとデジタルの2種類があります。


アナログ

アナログ式クロックディバイダは一般的ではなく、通常は非常に高い周波数に使用します。低強度、高周波数の信号を発振器に投入して動作します。発振器は入力信号を段階的に振動し、出力をローパスフィルタを通して、目的の低周波信号を生成します。


デジタル

現代の集積回路に実装されているデジタル式クロックディバイダは、最大で数十GHzの範囲で動作します。デジタル式クロックディバイダは、シフトネットワークと呼ばれているレジスタを使用してレジスタの最後の出力を取得し、入力レジスタに戻します。次に、出力信号が1つ以上のレジスタ出力から引き出されます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ロジックファミリー ロジック機能 入力信号タイプ 出力ロジックレベル クロック入力数 動作/操作モード 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 長さ 高さ 動作供給電圧 Max
RS品番 804-9842
メーカー型番AD9508BCPZ
メーカーAnalog Devices
¥1,014.00
購入単位は1個
ECL バッファ 差動 CMOS、HSTL、LVDS 1 差動 表面実装 LFCSP 24 4.1 x 4.1 x 0.75mm 4.1mm 4.1mm 0.75mm 3.465 V
RS品番 160-0740
メーカー型番AD9508BCPZ
メーカーAnalog Devices
¥757.30
490 個
ECL バッファ 差動 CMOS、HSTL、LVDS 1 差動 表面実装 LFCSP 24 4.1 x 4.1 x 0.75mm 4.1mm 4.1mm 0.75mm 3.465 V