クロックドライバ

クロックドライバは、他のデバイスで読み取ることができるように、クロック信号を十分な水準でシャープかつクリアにするため、周波数制御回路の一部として使用されているデバイスです。信号ソースと信号を受信するデバイスの間の回路に配置されます。




クロックドライバは、なぜ重要なのですか?


電子回路のクロック信号は、単に時間を伝えるだけではなく、より重要な機能を持っています。この信号により、回路内で動作するすべてのデバイスを調整及び同期します。クロック信号ソースは、クロック分配回路を介して電気信号ストリームを送信します。この信号は、正確なビートに基づいて時間間隔が設定されています。これに基づいて、コンピュータ又はコンポーネントでタスクを実行するタイミングが決まります。クロックドライバにより、コンポーネントはこの信号を簡単に読み取ることができます。これは、コンポーネントの機能にとって重要です。




クロックドライバの種類


クロックドライバは、サイズに加え、対応可能なクロック入力数が異なります。動作モードは、シングルエンド又は差動です。差動の場合、ノイズキャンセリングが向上しますが、シングルエンドの場合、必要なワイヤが少なくなります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ロジックファミリー ロジック機能 入力信号タイプ 出力ロジックレベル クロック入力数 動作/操作モード 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 高さ 長さ 動作供給電圧 Max 動作温度 Max
RS品番 160-0674
メーカー型番ADN4670BCPZ
メーカーAnalog Devices
¥884.20
490 個
LVDS クロック ドライバ 差動 LVDS 2 差動 表面実装 LFCSP WQ 32 5.1 x 5.1 x 0.75mm 0.75mm 5.1mm 2.625 V +85 °C
RS品番 802-3806
メーカー型番ADN4670BCPZ
メーカーAnalog Devices
¥1,210.00
購入単位は1個
LVDS クロック ドライバ 差動 LVDS 2 差動 表面実装 LFCSP WQ 32 5.1 x 5.1 x 0.75mm 0.75mm 5.1mm 2.625 V +85 °C