ディレーライン回路

ディレーライン回路は、複数の電気コンポーネントを含む回路です。また、回路に入力されている信号と出力の時間の間に、位相変化と呼ばれる短い時間遅延を導入します。この遅延は、最大数ミリ秒です。




ディレーライン回路は、どのような用途に使用されますか?


信号遅延を作成するための、このような種類の回路の機能には、さまざまな用途があります。音響では、反響効果を作成する際に役立ちます。陰極線オシロスコープでは、表示されていない高速波形を使用者が確認できます。また、テレビ信号などのコーディングやデコーディング及び電子機器での時間測定で使用することができます。遅延により精度が向上します。




ディレーライン回路の種類


ディレーライン回路は主に、生成される遅延の長さが異なります。一部のモデルでは、容量に応じて、より多くの遅延入力を収容できます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ファーストタップ遅延時間 全タップ数 絶対増加 最大遅延時間 独立遅延入力数 パッケージタイプ ピン数 寸法 高さ 長さ 動作供給電圧 Max 動作温度 Max 動作供給電圧 Min 動作温度 Min
RS品番 919-8998
メーカー型番LTC6994CS6-1TRMPBF
メーカーLinear Technology
¥264.936
500 個
1µs 8 8µs 33.6s 8 TSOT-23 6 2.9 x 1.75 x 1mm 1mm 2.9mm 5.5 V +70 °C 2.25 V 0 °C