位相 検出 器

相周波数ディテクタは、信号を受信し、その信号をどのように処理するかを他の電気コンポーネントに指示する装置です。2系統の入力を備えているので、信号間の位相差を処理する前に、2つの異なる信号を同時に受信できます。相周波数ディテクタは非同期回路なので、クロック回路又は信号によって制御されていません。




相周波数ディテクタは、どのような用途に使用されますか?


相周波数ディテクタは、PLL (フェーズロックループ)の重要な部分です。PLLは、さまざまな周波数を生成するために使用される回線の一種です。相周波数ディテクタは信号をロックします。これによって、フェーズロックループが正しく同期され、入力信号の正しいフェーズでPLLがロックされるようにします。相周波数ディテクタは、ループがオフ周波数になっている場合でも動作します。




相周波数ディテクタの種類


相周波数ディテクタはすべて同じ方法で動作しますが、最大周波数やサイズなどの特性の一部が異なる場合があります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 最大周波数 1チップ当たりのエレメント数 最大供給電流 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 高さ 動作供給電圧 Max 動作温度 Max 動作供給電圧 Min 動作温度 Min 長さ
RS品番 862-6120
メーカー型番HMC439QS16GE
メーカーAnalog Devices
¥5,168.00
購入単位は1個
1.3GHz - - - - - 5 x 4 x 1.62mm 1.62mm - +85 °C - -40 °C 4mm 5mm
RS品番 160-9962
メーカー型番HMC439QS16GE
メーカーAnalog Devices
¥5,779.80
50 個
1.3GHz - - - - - 5 x 4 x 1.62mm 1.62mm - +85 °C - -40 °C 4mm 5mm