型番

真空管

真空管は、 ガスを抜いて 真空状態にしたガラス管装置です。真空チューブ内部に密封された複数の電極で構成されており、電極間の電子の流れを制御するようになっています。トランジスタとは異なり、 真空管はユーザーが簡単に交換できます。

真空管の動作

真空管は、金属が加熱されると電子が放出される熱電子放出と呼ばれる原理を利用しています。これにより、アノードに電流が流れ、カソードから放出される負の電子が、正電荷を持つアノードに引き付けられます。

真空管の優れた点は、トランジスタ回路よりダイナミックレンジが広いことです。これは主に、高い動作電圧と過負荷耐性によるものです。

真空管の種類

次のようなさまざまな真空管があります。

  • ダイオード - 利用できる真空管の最も簡単な形態の1つ。この管は、アノードとカソードの両方を含む2つの端子で構成されています。
  • 三極真空管 - 三極真空管では、電流の流れにより、アノードからカソードの接地電位に対して高電位が生成されます。
  • 四極真空管 - このタイプの真空管の構成では、アノードとグリッドの間にスクリーンとも呼ばれる4番目の端子があります。このスクリーンは、放出される静電容量を抑えるように設計されています。
  • 五極真空管 - このタイプの真空にはサプレッサと呼ばれる5番目の電極があります。このサプレッサで、アノードから二次電子が刺激されて電子が放出されるのを防ぐようになっています。

真空管の用途

真空管は、次のような電子機器で幅広く使用されています。

  • 抵抗結合電圧アンプ
  • ハイエンドオーディオ機器
  • 位相インバータ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数