LEDドライバ

LED(発光ダイオード)は近年、発光効率・パワー・演色性等が向上し、省エネルギー光源として応用が拡がっています。光源用途ではパワーが大きいので、安全で電力効率の良い駆動が求められます。このために開発された専用ICがLEDドライバです。



LEDドライバとして考慮しなければならない点としては、LEDとドライバ双方に発熱があるため、安全性や信頼性(寿命)などの面から、それぞれに放熱対策を講じる必要があります。LEDとドライバが隣接すると、互いの周囲温度は思いのほか高くなるので注意してください。発熱を検出して、高温時に出力を制限する機能を内蔵したドライバもあります。なお、LEDドライバは、原理的にスイッチング電源ですので、スイッチングノイズを伴います。LEDドライバについての詳細はガイドページをご覧ください。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 桁数 セグメント数 電流精度 適合 最大供給電流 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 標準動作供給電圧 寸法 高さ 長さ 動作温度 Max 動作温度 Min
RS品番 159-9537
メーカー型番ADD5211ACPZ-R7
メーカーAnalog Devices
¥225.317
1500 個
- - 2% - 1 μA 表面実装 LFCSP 24 4.5 → 40 V 4.1 x 4.1 x 0.75mm 0.75mm 4.1mm +125 °C -40 °C
RS品番 798-9922
メーカー型番ADD5211ACPZ-R7
メーカーAnalog Devices
¥451.00
購入単位は1個
- - 2% - 1 μA 表面実装 LFCSP 24 4.5 → 40 V 4.1 x 4.1 x 0.75mm 0.75mm 4.1mm +125 °C -40 °C