ライントランシーバ

ライントランシーバは、トランスミッタとレシーバの両方を含むデバイスです。データ伝送回線を通じて信号を送受信するために使用されます。トランスミッタとレシーバがデバイスに統合されています。




ライントランシーバは、どのような用途に使用されますか?


ライントランシーバには、モデム、ラップトップ、販売時点管理(POS)テクノロジに使用できるため、さまざまな用途があります。一部のライントランシーバは、変換トランシーバと呼ばれ、信号を変換することにより、混合電圧レベルで動作するバス間のインターフェースを提供できます。




トランシーバの種類


ライントランシーバは、シングルエンド信号又は差動信号を介して情報を送受信できます。シングルエンド信号はより一般的な信号で、信号を表す可変電圧の1本のワイヤに加え、基準電圧(通常、アース)に接続されたもう1本のワイヤを使用します。差動信号では、2つの相補信号を介して情報を送信し、信号の差動ペアとして同じ信号を送信します。比較すると、差動信号の方が高価で、一般的ではありませんが、ノイズへの耐性は高く、低電圧の電子機器での使用に適しています。




送受信機能が共通回路を共有していない場合、装置はトランスミッタレシーバと呼ばれます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) トランスミッタ数 パッケージタイプ 実装タイプ ピン数 レシーバ数 標準シングル供給電圧 データレート トランシーバ数 インターフェース規格 トランスミッタ信号タイプ レシーバ信号タイプ 動作温度 Min 動作温度 Max 1ライン当たりのドライバ数
RS品番 178-5387
メーカー型番LTC1685IS8#PBF
メーカーLinear Technology
¥1,204.68
購入単位は100個
1 SOIC 表面実装 8 1 5 V 60Mbps 1 RS-422, RS-485 差動 差動 -40 °C +85 °C 32