ライントランスミッタ

ライントランスミッタは、データ伝送回線を通じて信号を伝送するために使用され、ラインレシーバと連携して動作します。一定の距離がある2つのシステム又はデバイスの間のインターフェースとなるに使用される集積回路の一種です。




ライントランスミッタは、どのように機能しますか?


ライントランスミッタは、送信されたデータを受信するラインレシーバと連携して動作します。デジタル情報を正常に送信するには、ラインドライバとラインレシーバが適合する必要があります。ライントランスミッタが信号を送信すると、ラインレシーバは高ゲインと低しきい値を使用して信号を検出します。




ライントランスミッタの種類


ライントランスミッタを区別する重要な要素の1つが、情報を送信する方法です。これは、シングルエンド信号又は差動信号によって行われます。シングルエンド信号はより一般的な信号で、信号を表す可変電圧の1本のワイヤに加え、基準電圧(通常、アース)に接続されたもう1本のワイヤを使用します。差動信号では、2つの相補信号を介して情報を送信し、信号の差動ペアとして同じ信号を送信します。比較すると、差動信号の方が高価で、一般的ではありませんが、ノイズへの耐性は高く、低電圧の電子機器での使用に適しています。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) トランスミッタ数 1ライン当たりのドライバ数 データレート トランスミッタ信号タイプ 電源タイプ 標準シングル供給電圧 標準デュアル供給電圧 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 インターフェース規格 寸法 高さ 長さ
RS品番 802-3622
メーカー型番ADV7511WBSWZ
メーカーAnalog Devices
¥2,277.00
購入単位は1個
- - - - - - - 表面実装 LQFP 64 - 10.2 x 10.2 x 1.45mm 1.45mm 10.2mm