検索キーワード履歴

    カウンタ IC

    カウンタIC (集積回路)は、外部入力クロックパルスをカウントするための電子デバイスです。

    カウンタICの動作

    このICは、マイクロコントローラ又は他のシステムからI2Cバスシリアルインターフェイス経由でカウンタデータ出力を読み取ることで動作します。24ビットバイナリアップカウンタ構成で、0 → 24ビットの値をカウントできます。また、マイクロコントローラのイベントカウンタに比べて非常に低い消費電流で動作します。

    カウンタICの種類

    カウンタICには、次のようなさまざまな構成があります。

    シフトレジスタ - シフトレジスタは、フリップフロップのカスケードで構成されたシーケンシャルロジックデバイスで、 一連のビットがフリップフロップ回路で「シフト」されます。このデバイスは、一般にシリアルインターフェイスとパラレルインターフェイスを相互に変換するために使用されます。

    クロック発生器 - クロック発生器は、回路の動作の同期に使用するクロック信号を生成します。

    ディバイダ - ディバイダは、クロックディバイダとも呼ば、入力された周波数を分割したクロック信号を出力します。

    また、カウンタの種類にもBCD、 バイナリ、 ディケード、 Divide by N、オクタルなど、さまざまなものがあります。

    カウンタICの用途

    カウンタICは、次のようなさまざまな用途で広く使用されています。

    • 周波数カウンタ
    • デジタル時計
    • ADC (アナログ-デジタルコンバータ)
    • 時間測定
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード