検索キーワード履歴

    SDRAM

    SDRAMは、外部のクロック信号に同期して動作するDRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ)の一種です。DRAMは、チップ中に形成された小さなキャパシタに電荷を貯めることで情報を保持します。RAMは種類によってCPUのクロックとメモリアクセスが非同期ですが、SDRAMメモリは、同期している為、CPUとメインメモリの間の待ち時間は短縮され、プログラムの動作速度が向上します。


    SDRAMの特長


    主流だったEDO DRAM(Enhanced Data Out DRAM)など非同期式のメモリと異なり、コンピュータ本体側のシステムバスのクロック信号(ベースクロック/FSB)の供給を受け、これに同期して入出力などの制御を行います。複数の動作段階を並行に行うパイプライン処理が可能となり、前の命令によるメモリ素子への読み書きを行っている間に、新たな命令を受け付けることができます。そのため、SDRAMは非同期DRAMよりもより高速に動作できます。


    SDRAMの後継規格


    SDRAMを改良したDDR SDRAMは、信号の立ち上がりと立ち下がりの両方のタイミングを利用して制御を行うことで2倍の伝送効率を得ることができます。DDR SDRAMはさらに改良を重ね、DDR2 SDRAM、DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAMなどの規格があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数