検索キーワード履歴

    クランプ回路

    クランプ回路は、電子回路を過電圧から保護するための回路です。ダイオードを使用したクランプ回路は、最も一般的なクランプ回路構成で、過電圧が入力されたら常時クランプします。それに対して、アクティブクランプ回路は、任意のタイミングで過電圧をクランプできます。


    クランプ回路の保護機能


    マイコンやICは、過電圧(サージ電圧など)や静電気放電(ESD)等から保護する必要があります。過電圧・静電気が発生した場合、クランプ回路がなければ、マイコンが異常動作したり、最悪の場合、破壊することもあります。クランプ回路は、ピーククリッパ(ピーククリップ)とベースクリッパ(ベースクリップ)という2つのクリッパ回路を使って、マイコン、CPUやICを過電圧や静電気から保護します。正電圧側で「電源電圧+ダイオードVF」以上、負電圧側で「GND-ダイオードのVF」以下の電圧を制限します。


    クランプ回路の主な保護用途


    • 過渡電圧抑制(TVS)

    • 静電気放電 (ESD)

    • 過電圧保護 (OVP)

    • 過電流保護 (OCP)

    • 電磁波妨害 (EMI)
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数