デジタルシグナルプロセッサ (DSP)

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)は、音声、オーディオ、ビデオなどの信号を受信した後、操作します。信号をデジタル情報としてキャプチャし、処理してから、情報を元に戻します。これは、デジタル又はアナログ形式のいずれかでオーディオデジタル-アナログコンバータ(DAC)を通過することで実行されます。これはすべて、非常に高速で実行されます。


デジタルシグナルプロセッサは、どのような用途に使用されますか?

デジタルシグナルプロセッサはオーディオ、ビデオ、グラフィックスの処理に使用されます。また、音をより鮮明に、データをより速く、画像をよりシャープにすることができます。たとえば、ハイファイ機器で使用される場合は、DSPにより3次元音響で錯聴が生成されます。


プログラムも可能なので、携帯電話からコンピュータ、玩具までさまざまなケースにDSPを使用できます。サイズは小型なので、あまり電力を使用しません。


適切なデジタルシグナルプロセッサの選択

DSPを選択する際にはさまざまな機能を考慮する必要があります。

  • 周波数 - 1秒あたりのデータポイント数です。速度と考えることができます。
  • RAMサイズ - サイズと性能はほぼ比例します。
  • プログラムメモリ - 目的に合わせてDSPをカスタマイズするために必要です。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 最大周波数 シリーズ MIPS データバス幅 RAMサイズ インストラクションセットアーキテクチャ プログラムメモリサイズ プログラムメモリタイプ 数値/算術形式 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 標準動作供給電圧 UARTチャンネル数
RS品番 170-4520
メーカー型番XRT6166CD-F
メーカーEXAR
¥1,481.37
購入単位は27個
2.048MHz - - 8bit - - - - - 表面実装 SOIC 28 - -
RS品番 769-5655
メーカー型番XRT6166CD-F
メーカーEXAR
¥1,629.00
購入単位は1個
2.048MHz - - 8bit - - - - - 表面実装 SOIC 28 - -