Attiny10

マイクロコントローラ、別名MCU (マイクロコントローラユニット)は、回路基板設計に使用される埋め込み半導体デバイスです。 本質的には、集積回路(IC)の内部にあるコンピュータです。パーソナルコンピュータ、タブレット、スマートフォンの汎用作業用に設計されたマイクロプロセッサとは異なり、マイクロコントローラは主に単機能の「埋め込み」用途で使用します。マイクロコントローラは、不揮発性フラッシュプログラムメモリの相対的な遅さにより、マイクロプロセッサに比べてクロック速度が制限されています。


用途


マイクロコントローラ内には、1個又は複数個のプロセッサ(CPUとも呼ばれます)、メモリ、入出力周辺機器があります。こうした周辺機器には、タイマ、ADC (アナログ-デジタルコンバータ)、DAC (デジタル-アナログコンバータ)などがあります。


「8ビット」とはどういう意味ですか?


マイクロコントローラにはデータバス幅があり、この値はMCUが一度に処理できるデータ量を表しています。たとえば、8ビットのマイクロコントローラでは一度に8ビットを処理することができます。一般的なデータバス幅には、8ビット、16ビット、32ビットのMCUがあります。


どのようなタイプのパッケージがありますか?


MCUは、さまざまなピンカウントの標準チップパッケージに入っています。パッケージのタイプ:


  • LQFP

  • PDIP

  • QFN

  • SOIC

  • SSOP

  • TQFP

  • TSSOP

「ARMプロセッサコア」とは何ですか?


多くの場合、マイクロコントローラにはARMマイクロプロセッサコアが搭載されています。ARMは、ARM Holdingsが開発したアーキテクチャの名称です。他の企業はこれを使用して、マイクロプロセッサやシステムオンチップ(SoC)などのデバイスを製造できます。

  • Cortex-M0

  • Cortex-M0+

  • Cortex-M1

  • Cortex-M3

  • Cortex-M4

  • Cortex-M7

  • Cortex-M23

  • Cortex-M33

  • Cortex-M35P

マイクロコントローラはどこで使用されますか?


  • コンピュータ

  • 自動車

  • ロボット工学

  • オートメーション

  • 医療施設

  • 家電製品

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ファミリー名 パッケージタイプ 実装タイプ ピン数 デバイスコア データバス幅 プログラムメモリサイズ 最大周波数 RAMサイズ USBチャンネル PWMユニット数 ADCチャンネル数 SPIチャンネル数 標準動作供給電圧
RS品番 133-0945
メーカー型番ATTINY10-MAHR
メーカーMicrochip
¥66.96
購入単位は25個
AVR UDFN 表面実装 8 AVR 8bit 1.024 kB 12MHz 32 B - 1 4 - 1.8 → 5.5 V