検索キーワード履歴

    システムオンチップ (SoC)

    SoCは、「System on a Chip(システムオンチップ)」の略で、決められた目的を実現するために、機器やシステムに必要なCPUコアやDSP、タイマ、記憶装置、VSBやネットワーク機能などを一つのチップ上に統合したLSIの一種です。


    システムオンチップ (SoC)の長所


    • 小型・軽量化 - 一般的には半導体チップは機能ごとに提供されるため、基板上に複数のチップを実装して相互に接続する必要があります。SoCでは複数のチップに分かれていた機能を統合し、一つのチップ上に集約して提供するので、実装するために必要な面積を縮小できます。

    • 高速化 - SoCは各機能が外部端子を使用せず、内部バスで通信できるため、遅延が少なくなります。

    • 低消費電力 - -SoCは配線等の機械的な構造が少ないため、消費電力が格段に抑えられます。

    • コスト低減 - 必要な用途に応じたシステムが既に出来上がったので、イチから製品開発を行う時に設計や実装作業を省略でき、開発サイクル短縮と同時に、大量生産の製造コストが大きく低減されます。

    システムオンチップ (SoC)の用途


    SoCはシステムを動かすために必要なパーツをあらかじめまとめていて、占有面積・消費電力も少ないため、スマートフォン、タブレット、ラップトップなど小型機器での使用に適しています。

    "
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数