ホール効果センサIC

ホール効果センサIC (集積回路)は、磁場が電流に対して垂直になったときに、導電体を通して発生する電圧差であるホール効果を測定するために使用されるデバイスです。測定値は、電流密度と磁場の積に対する電界の比率です。




ホール効果センサICは、どのような用途に使用されますか?


ホール効果センサICは、流体センサ、圧力センサ、回転速度センサ、電流センサなど、さまざまなデバイスの一部として使用されています。歯車の歯、自転車の車輪、ゴーカート速度制御、一部のGPS (全地球測位システム)デバイスなどの機器の機能の補助にも使用できます。




ホール効果センサICの種類


ホール効果センサICにはさまざまなものがあり、次のような点で異なります。

  • 取り付け方法(表面実装又はスルーホール実装)

  • 磁気タイプ(ユニポーラ、バイポーラなど)

  • 動作可能な磁力の範囲

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) マグネットタイプ 実装タイプ ピン数 最小マグネチックセンサリリースポイント 最大マグネチックセンサ動作ポイント 動作供給電圧 Min 最小動作供給電圧 動作供給電圧 Max 最大動作供給電圧 長さ 高さ 寸法 動作温度 Min
RS品番 135-8096
メーカー型番MX887DHTTR
メーカーIXYS
¥101.50
購入単位は10個
オムニポーラ 表面実装 3 -60 Gs 60 Gs 2.5 V - 5.5 V - 3mm 1.7mm 0.8mm 3 x 1.7 x 0.8mm -40 °C
RS品番 135-7869
メーカー型番MX887DHTTR
メーカーIXYS
¥72.628
3000 個
オムニポーラ 表面実装 3 -60 Gs 60 Gs 2.5 V - 5.5 V - 3mm 1.7mm 0.8mm 3 x 1.7 x 0.8mm -40 °C