イメージセンサ

イメージセンサは、オブジェクトを通過又は反射する光波や電磁波を、イメージを構成する情報に変換するデバイスです。イメージセンサは、デジタルカメラ、医療用画像処理機器、暗視カメラ、サーマルイメージングデバイス、レーダー、ソナーなどを製造するために、写真及び映像撮影業界で一般的に使用されるデバイスです。
イメージセンサは、光を捉えて色を認識し、それをデジタル信号に変換する数千の超小型軽量感光性セルで形成されます。市場には、主に2つのタイプのセンサ(CCDセンサ及びCMOSセンサ)があります。

• CCDの各感光性セルはアナログデバイスです。チップに光が当たると、各フォトセルに小さな電荷として保持されます。(1つ以上の)出力アンプに最も近いピクセルラインの電荷が増幅されて出力され、ピクセルの各ラインはその電荷をアンプに1ライン近づけて、アンプに最も近い空のラインを満たします。このプロセスは、ピクセルのすべてのラインの電荷が増幅されて出力されるまで繰り返されます。
• CMOSセンサは形成方法がCCDセンサとは異なります。CCDのアンプは少数である点に対し、CMOSイメージセンサではピクセルごとにアンプが1つあります。これによって、CCDよりも光子をキャプチャする領域が少なくなりますが、各フォトダイオードの前にマイクロレンズを配置することでこの問題が克服され、その他の方法ではアンプに当たって検出されないフォトダイオードに光がフォーカスされます。CMOSセンサは、潜在的により少ないコンポーネントで実装でき、使用する電力は少なく、CCDセンサより高速の読み取りが可能です。また、静電気放電の影響を受けにくくなっています。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) シリーズ 画像サイズ フレームレート インターフェースタイプ 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 長さ 高さ 動作供給電圧 Max 動作温度 Max 動作供給電圧 Min
RS品番 669-5853
メーカー型番MT9V126IA3XTC
メーカーAptina
¥4,132.00
購入単位は1個
- 680 x 512ピクセル 60fps シリアル-2ワイヤー 表面実装 BGA 64 9 x 9 x 1mm 9mm 9mm 1mm 2.94 V +105 °C 2.66 V