傾斜センサ

センサは、動き、光、熱ほか多くを含む環境からのあるタイプの入力を検出して反応する高度なデバイスです。センサは、この物理パラメータを電気的に測定可能な信号に変換します。
傾斜センサ(チルトセンサ又はローリングボールセンサとも呼ばれます)は、重力に基づいて物体の傾き又は角度を測定するために使用されます。このセンサは、1本又は複数の軸に対し、傾斜角度に比例した電気信号を生成するトランスデューサの一種です。このセンサは、傾斜の正確な測定が必要なあらゆる場所で有効に使用でき、高精度のレベリングや傾斜測定装置(傾斜計など)に最適な選択肢です。
このセンサは、測定範囲、信号、及び環境条件に関するお客様のすべての要件に合うようにさまざまな構成で用意されています。購入前の検討事項:
• チルト角度の範囲
• 軸の数 - 1軸又は2軸(2軸の方が回路基板への取り付けが容易)
• 測定範囲
• 感度
• ノイズ耐性
• 出力 - アナログ / デジタル
• 振動
• 分解能
傾斜センサやチルトセンサの作動原理
これらのセンサは外側にワイヤがあり、それが内側へ続いて2個の導体ボールに接触しています。一方のボールは2本のワイヤを結合し、もう一方のボールは下方へ圧力をかけて接続を強化します。このようにして、電流は一方のワイヤを流れ、導体ボールを通ってセンサに入り、センサのもう一方のワイヤから出て短絡を生じます。センサを90 °傾けると、ボールは重力によって転がり、2本のワイヤから離れるため、センサの2本のワイヤに電流が流れなくなり、開回路になります。これにより、チルトセンサがオン / オフスイッチのように機能します。ボールは、センサ内部の2本のワイヤと一続きにすることができなくなります。
傾斜センサは、次のような用途に使用されています。
• カメラ
• 航空機の飛行制御
• 自動車のセキュリティシステム
• スイッチ
• ゲームコントローラ
• レベリング装置
• ポータブルコンピュータ
• ロボット装置
特長:
• 振動の影響なし
• 機械的振動への耐性
• 低コスト
• MEMsベース - 微小電子機械システムは、機械的コンポーネントと電気的コンポーネントを組み合わせて非常に小さな(通常、顕微鏡レベル)の集積デバイス又はシステムを作り出すためのプロセス技術です。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 軸数 ノイズ テクノロジー インターフェースタイプ 感度 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 長さ 高さ 最大周波数応答 動作供給電圧 Max
RS品番 183-2125
メーカー型番ADIS16209CCCZ
メーカーAnalog Devices
¥9,158.00
購入単位は1個
2 1.7mg rms デジタル SPI 0.245mg/LSB 表面実装 LGA 16 9.35 x 9.35 x 3.9mm 9.35mm 9.35mm 3.9mm 5.5 kHz, 50 Hz 3.6 V
RS品番 183-1801
メーカー型番ADIS16209CCCZ
メーカーAnalog Devices
¥8,855.899
168 個
2 1.7mg rms デジタル SPI 0.245mg/LSB 表面実装 LGA 16 9.35 x 9.35 x 3.9mm 9.35mm 9.35mm 3.9mm 5.5 kHz, 50 Hz 3.6 V