検索キーワード履歴

    救急 箱

    応急処置キットは、病気や怪我をしたときの基本的な手当に使用する医療品のセットです。キットの内容は必要に応じて変わりますが、通常はキット内に包帯、絆創膏、ガーゼなどが入っています。アイテムは、必要に応じて密封し、滅菌されています。
    通常、応急処置キットは白い十字が付いた緑色として一般的に認識されていますが、他の色が使用されることもあります(火傷キットは赤色)。応急処置キットにはさまざまなサイズがあり、持ち運べるものと、職場や家庭の壁に固定するものがあります。
    応急処置キットには、バッグやポーチなどのキャリーケースや壁面取り付け型など、さまざまなタイプがあります。
    応急処置キットの種類:
    火傷キット
    応急処置キット
    洗眼ステーション
    消防士用キット
    応急処置用品の種類
    応急処置キットには、応急処置用品が含まれています。ただし、こうした用品を使用したら、個別に購入して補充することができます。応急処置用品の例としては、次のものがあります。
    粘着テープ
    包帯
    緊急毛布
    使い捨て手袋
    滅菌ガーゼ
    アイパッド
    絆創膏
    安全ピン
    はさみ
    消毒綿
    添え木
    応急処置キットを購入すべき理由は何ですか?
    救急処置キットは、生命の危険があるかどうかにかかわらず、最初の処置に対応するものです。救急処置品は初期の基本的な手当のために用意され、患者の治療のための救急処置を進めることができます。このキットは、切傷やすり傷のような軽傷の治療に使用されることもありますが、救急車が到着する前に、要救助者の延命に役立つことも少なくありません。

    応急処置キットはどこに保管すべきですか?
    車内や家庭に救急処置ボックスを常備することを検討してください。これは、緊急時の利用や、状況に応じた第三者の手当に役立ちます。こうしたキットは通常、職場や公共の建物内で用意されています。火傷キットなど、スペシャリスト向けの救急処置キットは、調理場や一般家庭でも、軽度の火傷に対応するために非常に便利です。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数