型番

出口標識

当社取り扱い出口標識、 出口矢印標識、 出口ラベル及びその他の避難標識には、非常口(上 / 下)、 火災非常口(左 / 右) など、さまざまな方向オプションがあります。 また、設置場所や方法に応じて、 粘着フィルム、 アルミ、 PET、ビニールなど、各種の材質の製品があります。当社では、Brady、 RS PRO、Wolkなど、信頼できるブランドの製品を取り揃えています。


出口標識は、おそらく最もよく見るタイプの職場標識です。実際に、 あまりによく見るので、印象に残らず見逃してしまうほどです。ただし、 入口や出口の標識が不適切なよく知らない職場環境に行ったことがあれば、 重要なのは、目立つ場所に表示されることだとお分かりになるでしょう。


職場用に出口標識を選ぶときに注意すべきことは何ですか?


職場や公共スペースに適した出口標識を選択する際に最も重要なことは、特定のタイプのオフィスに適用されるすべての規制及び規格を把握している(および完全に遵守している)ことです。 工場、または建物に適用されるすべての規制および規格を認識し、完全に準拠することです。


  • 英国では これには、 EN ISO7010 ( 2012 )の知識と、 おそらくBS 5499-2 : 1986 (火災安全標識 注意事項とグラフィックシンボル)の知識が必要でしょう。
  • 広い意味では、 すべての非常口標識と非常口標識は、 はっきりと曖昧さがないように、最も近い出口の方向を示すべく、目立つ位置に配置する必要があります。
  • このことは出口に適切な標識を明示するだけでなく、 印の位置に障害物や干渉が全くないようにすることを意味します。
  • また、出口標識のビジュアルデザインの国家規格に完全に準拠している必要があります。英国、 EU、 オーストラリアを始めとする世界の多くの国々では、 アイコン的な棒人間と方向を示す矢印から構成される緑と白のピクトグラムが必要です。
  • 出口標識がよく設置される場所は、壁のよく目立つ場所や、 または、天井から一番近い出口を越えて吊り下げます。 これは結果的に多数のユーザーのための視線の先になる傾向があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数