検索キーワード履歴

    ディスコネクトスイッチ

    ディスコネクトスイッチは、点検修理やメンテナンス中に回路の一部を絶縁又は電源を落とすように設計された安全装置です。ヒューズ付スイッチ遮断器とは異なり、回路を遮断するためにヒューズを使用せず、代わりにスイッチを用いて遮断します。スイッチにはいくつかの種類がありロータリスイッチはレバーを回転させて回路を切断します。ナイフブレードスイッチは、ヒンジを用いてレバーをスロットから持ち上げます。

    ディスコネクトスイッチの用途

    ディスコネクトスイッチは、メンテナンスプロセスの一部として回路ブレーカ、伝送ライン、トランスを絶縁するために用います。安全対策のみ用いられるものや、通常の配線で用いられるものなどいくつかの種類があります。


    ディスコネクトスイッチの種類

    安全ブレーカは、絶縁方法に用いられるスイッチによって分類されます。代表的なスイッチはロータリスイッチとナイフブレードスイッチです。それ以外にも電源、電圧、スイッチの定格、電流容量等でも分類されます。これらの要素を考慮して適した安全ブレーカを選択する必要があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数