型番

非水銀チルトスイッチ

非水銀チルトスイッチは、非毒性の機器又は物質を使って2接点とスイッチ間に電気を通します。名前が示すように、このパスは一定の角度以上にスイッチが傾いている場合にのみ有効になります。水銀チルトスイッチも似ていますが、非常に有毒な水銀を使用して電気を通します。


非水銀チルトスイッチの用途

非水銀チルトスイッチを使い、故障時にアラームを鳴らすことができます。例えば、機械が傾きすぎているときや自動販売機が転倒しそうなときに労働者に知らせたり、タンク内のような限られた空間で溶接作業をしている人が転落した場合に担当者に知らせたりするなど、安全目的で使用することができます。


非水銀チルトスイッチの種類

非水銀チルトスイッチは、様々な技術を使って回路内の接点同士をつなげることができます。一般的なタイプは次の通りです。

  • ボールを通じて導電するボールケージスイッチ
  • 導電性流体の電極を用いて角度変化を検出する電解チルトスイッチ
  • バランスシステムで角度の変化を検出する力平衡センサ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数