検索キーワード履歴

    ロータリスイッチ

    ロータリスイッチは、回転によって操作する一種の電気スイッチです。ロータリスイッチでは、ノブ又はシャフトを回すことで、回転方向に応じてコンタクトを通って伝導される抵抗を増減させることができます。回路の数又は制御が必要な回路の電気的状態の数がトグルスイッチ及びスライドスイッチの能力を超える場合、ロータリスイッチは、従来のトグルスイッチ又はスライドスイッチに対する理想的な代替製品になります。
    その名前が示すように、ロータリスイッチは、中軸ロータを中心とした円形回転によって機能します。このスイッチは、多くのさまざまな作動ポジションで停止し、異なる回路をオン又はオフにしたり、回路の値を増減したりできます。一部のロータリスイッチは、1か所のスイッチポジションで複数のコンタクトを同時に制御するように設定できます。
    ロータリスイッチの用途
    ロータリスイッチは、多くの場合、音量調節ダイヤルとしてオーディオ機器に使用されていますが、次のような幅広い用途にも適合します。
    • コンベアベルトの速度制御
    • 電子機器の電気的数値の増減
    • AC / DC駆動の段階的制御
    • パイロットによる航空機の操縦
    • 医療及び診断機器
    • 建設 / 農機具
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数