検索キーワード履歴

    タクタイルスイッチ

    タクタイルスイッチはプリント基板上に設置され、スイッチ部分を押し込むことで電気回路を通電させる小形のスイッチです。一般的な用途は機器へのオン・オフ信号の入力です。


    モーメンタリ動作と呼ばれるボタンを押している間だけON状態になり、ボタンから手を離すと復帰(OFF状態に戻る)する動作方式となっています。このタイプは自己復帰タイプとも呼ばれます。


    タクタイルスイッチのタクタイル(Tactile)とは感知できるまたは感触のあるスイッチという意味です。その名の通りボタンをクリックした感触で動作を確認することが出来ます。また、高い耐久性を持った製品となっています。


    タクタイルスイッチのカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。


    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数