型番
スイッチ

マイクロスイッチ

マイクロスイッチは機械的に操作される電気スイッチで、コモン、常時開、常時閉と呼ばれるアクチュエータや端子と一緒に設計されています。マイクロスイッチはスナップ動作スイッチとしても知られています。スプリング式のレバーを使用して、ユニット内の内部接点を開いたり閉じたりすることで動作します。

マイクロスイッチが点灯する仕組み

通常、電源はコモン端子を介してスイッチに接続され、スプリングを励起します。このスプリングは常時閉のピンに接触しているので、ここに電力が供給されます。これは休止状態と呼ばれます。アームを動かすと、常時開のピンに電力が転送されます。

使用箇所

マイクロスイッチは、電気的特性で区別されます。マイクロスイッチは小型の装置で、通常は低電流及び低電圧を伝送するように設計されています。これらのスイッチは、非常に一般的な安全装置として使用されています。信頼性が高く、安価で、必要に応じて回路を開くことができるため、誤って機械に電源を投入したり、誰かが通過するときにドアを閉じることを防ぎます。

アクチュエータの種類

さまざまなタイプがありますが、作動原理は同じです。スイッチはプランジャ、ボタン、ローラー、又はレバーで作動します。

長寿命ですか?

通常、マイクロスイッチの動作寿命は非常に長く、ほとんどの場合、数百万回の使用に耐えます。一般的に、コンシューマ製品には、産業用製品よりもライトデューティのマイクロスイッチがありますが、これらの部品は低コストなので、必要に応じて、又はその価値があれば機械的寿命を延長することができます。

規格

弊社では、業界標準及びRoHS規格に適合する高品質の密閉型小型マイクロスイッチを提供しています。

どのような種類の用途で、マイクロスイッチが必要になりますか。

マイクロスイッチは、コンシューマデバイス及び産業用機器で使用されています。これらのデバイスの一般的な用途には、ドアのインターロック、電子レンジ、又はデバイスの電源をオンにする前にドアを閉じる必要のある機器があります。マイクロスイッチは、自動販売機で使用されるようなレベリング装置にも使用されます。エレベーターでは、これらの装置がドアの内部で安全スイッチとして使用されています。

マイクロスイッチは、非常に敏感に動作するように設計されています。このような設計は、システムを使用して空気や他のガスの流れを測定するなど、非常に精密な装置で使用することができます。これらのデバイスは制御回路など、業界で広く使用されています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード