型番

RFスイッチ

RFスイッチはマイクロ波スイッチとも呼ばれ、伝送パスを通じて高周波信号の経路を切り替えるスイッチです。RFスイッチは、装置間の信号ルーティングのために、マイクロ波テストシステムで広く使用されています。


スイッチマトリクスシステムに組み込むことで、複数の装置から1つ又は複数のテスト対象デバイスに信号をルーティングできます。複数のテストを同じセットアップで実行できるので、頻繁に接続及び切断する必要がなくなります。RFスイッチはテストプロセスの自動化を行う際に利用され、本番環境でのスループットを向上させます。


RFスイッチの構成:



  • 単極、ダブルスロー(SPDT)

  • マルチポートスイッチ又はシングルポート、マルチスロー(SPnT)

  • 切り替えスイッチ又は2極、ダブルスロー(DPDT)

  • バイパススイッチ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数