型番

ペンダントスイッチ

ペンダントスイッチとは、ドアベルのボタンのような、機械又は装置を制御する目的で使用されるリモートハンドヘルド押ボタンスイッチです。マシンやコンポーネントをオフにできるように、又は迅速に警告信号を送信できるように、安全を考慮して設計されています。


ペンダントスイッチのコンポーネント及び動作


ペンダントスイッチは、耐久性と安全性を備えるように、通常、ナイロンなどの硬質材料で作られています。内部に金属製のスプリングが付いた小型シール機構です。ペンダントスイッチを押すと、内部の金属製のスプリングが2本のワイヤに接触します。これで電気回路が完成し、電気が流れるようになります。


また、ペンダントスイッチの表面は、人の指や手に適合するように設計されています。これは、電子スイッチを簡単に押せるようにするためです。


ペンダントスイッチは、どのような用途に使用されますか?


ペンダントスイッチは、プッシュツートークアプリケーション、緊急スイッチ(病院でのナースコールなど)、照明制御、アクティベーション、ホームオートメーションシステムなど、さまざまな用途での使用に適しています。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0