検索キーワード履歴

    ロッカースイッチ

    ロッカースイッチは、様々な場所に使われている非常に一般的なスイッチです。操作ボタンの両端をに交互に押すことで電気回路の接続/遮断を行います。その形状からシーソースイッチあるいは波型スイッチ、他にはブラタンプラスイッチとも呼ばれています。また、操作部が横から見てTの字やYの字を逆にしたような形状のものはパドルスイッチと呼ばれます。ロッカースイッチは、操作ボタン、シールゴム、弓ばね、内蔵ケース、フタ、カバー、接点・端子で構成されています。特徴として、OA機器などのON/OFF切り替えがが小形サイズでできます。また、視覚で操作ボタンのON/OFFを確認できるので、誤操作を防げるという利点があります。家電製品やPC周辺機器、事務機器、業務用機器の電源スイッチ等に幅広く利用されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数