型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

スライドスイッチ

スライドスイッチは、回路内の電流の流れを制御するのに使用します。一般的には、機械的スライダをスライドさせて開状態又は閉状態にして電流のオン / オフを切り替えます。スライドスイッチは、小規模な回路での電流の流れを制御するのに適していて、小型のバッテリ駆動の電気機器の主電源スイッチとして一般的に使用されています。
動作は押ボタンスイッチと非常によく似ていますが、スライドスイッチはより明白に触知することができる形状になっていて、オン状態とオフ状態をより確実に区別することができます。
RSのスライドスイッチシリーズは、電圧定格4 V dc → 400 V ac、接触抵抗10 mΩ → 10 Ωに対応しています。
スイッチの動作
一般的にスライダスイッチは、スライドさせて常時開(NO)と常時閉(NC)を切り替える単純なオン / オフ用途で使用しますが、RSシリーズにはその他の機能を備えたスイッチもあります。これらは、次のとおりです。
• 保持: 保持スイッチ操作により、スイッチは物理的に作動後の位置に保たれます。これは、装置のオン / オフ切り替えなど、「設定してその状態を保つ」用途に最適です。
• ブレークビフォアメイク(BBM): この構成では、新しい接続経路が確立される前にスイッチの接点が開きます。電源用途で通常使用されます。
• メイクビフォアブレーク(MBB): この構成では、前の接続が切断される前に新しい接続経路が確立されます。この場合、スイッチのセンターコンタクトが両方のコンタクトに瞬間的に接続され、電源断が発生しなくなります。これは、連続動作が不可欠な場合に有用です。

取り付けタイプ
スライドスイッチは、さまざまな回路構成と互換性があるように設計されています。スルーホール、パネル取り付け、基板実装など、用途に適した取り付けタイプのスイッチを用意しています。スライドスイッチには、簡単に取り付けることができるスナップインタイプと、しっかりと取り付けることができるねじ穴タイプがあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数