型番

チャートレコーダー

チャートレコーダは、電気および機械的トレンドをロール紙に記録できるデバイスです。 チャートレコーダーでは、多くの入力を記録できます。 ストリップチャートや円形チャートで同時に使用できるさまざまな色付きペンを使用して、これを実現します。

機械式チャートレコーダーには次 3 種類があり、それらは機械式から、 電気式、電気機械式まであります。最も一般的なタイプのレコーダは、機械的要素と電子的要素を組み合わせて、ペンを使用してグラフを生成する電気機械式です。 ただし、電子的に操作されるより現代的なチャートレコーダがあります。 電子チャートレコーダを使用する利点は、データをコンピュータに転送し、後で分析したり、比較したりできることです。

チャートレコーダでは、さまざまなプロセスおよび電気信号を記録できます。 従来のチャートレコーダでは紙にデータを記録し、 例えば木材商では チャートレコーダを使用して、木材の乾燥中の水分レベルを読み取りやすいチャートで測定できます。 色付きのペンを通過する用紙が偏向して測定の割合を示します。 すべてのデータを表示するグラフで簡単に読み取ることができます。 前述したように、グラフを 1 つのペンでまとめたり、複数の色のペンでまとめたりすることができます。

チャートレコーダーのタイプ

  • ストリップチャートレコーダー –ペンまたは複数のペンを通過する紙のロールで構成され、測定から受信した信号を模倣します。これは、ペーパーチャートレコーダーとも呼ばれます。 ラボやプロセス測定用途で普及していて、 連続したプロセスの記録に適しています。
  • 円形チャートレコーダー –ストリップチャートレコーダーに似ていますが、円形の動きでデータを記録します。 バッチ処理に最適です。
  • ハイブリッドレコーダー –チャートレコーダとデータロガーの機能を兼ね備えたレコーダーです。
  • ペーパーレスレコーダ –デジタル形式でグラフを収集し、コンピュータに転送して保存または分析できる電子チャートレコーダーです。

チャートレコーダはどこで使用しますか?

チャートレコーダーは、製造工場で使用されていて、 次のような変数を追跡します。

  • 温度
  • 圧力
  • フロー
  • pH
  • 湿度
  • 診断
  • 統計分析

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード