RCDテスタ

RCD(残留電流放電デバイス)は、発生している電気ショックによる一連の害を防止するため、瞬時に電気回路を遮断する保護装置です。単相回路の場合、ラインとニュートラル導体の間の電流差を監視します。この救命機器は、通電物(裸線など)に触れた場合の致命的な感電を防止するために設計されており、通常のヒューズや回路ブレーカでは得られないレベルの個人保護を提供します。
RCDは、RCD定格残留動作電流以上の残留電流に対応して自動的に開く製品ファミリに適用される、一般的な用語です。この一般的な用語は、多くの場合、以下に適用されます。
RCCB - 残留電流回路ブレーカ
RCBO - 過電流保護機能付き残留電流ブレーカ
SRCD - コンセント型漏電遮断器
PRCD - ポータブル残留電流放電デバイス
RCCBとRCBOの違いは、RCBOが過電流状態にも応答するのに対し、RCCBがそのような条件に応答しないことです。SRCDという用語は、ソケットコンセントの不可欠な部品の一部であるRCD、又はソケットコンセントに隣接しているボックスに取り付けられているRCDに適用されます。
RCD技術
RCDは、次のように技術によって識別される場合があります。
電圧独立RCD (VI)。このRCDは、残留電流のエネルギーによりRCDが動作するのを利用します。これらのデバイスは電気機械式RCDとも呼ばれ、電圧とは独立して動作します。
電圧依存RCD (VD)。このRCDは、主電源電圧を使用して電子回路と遮断機構に電源を供給し、RCDを動作させます。これらのデバイスは電子RCDとも呼ばれ、電圧に依存して動作します。
どのように機能するのですか?
通常の状況では、2つのワイヤを流れる電流は等しくなっています。回路の故障や装置の事故に起因するアース漏洩が発生した場合に生じる不平衡をRCDが検出し、傷害又は損傷が生じる前に自動的に電源を切断します。
RCDは、ヒューズや回路ブレーカとは異なる方法で人間を感電から保護します。新しい回線を設置した場合、又は回路が大幅に変更された場合は、建築規制(パートP)又はBS7671の配線規則に従って、RCDを取り付ける必要があることがあります。これは法的要件です。
間違ったタイプのRCDを使用すると、保護がすべて失われる可能性があります。怪我又は機器の故障が発生する前に問題を特定できるように、RCDテスターは12か月ごとにテストする必要があります。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) RCDテスト電流 ディスプレイのタイプ 安全カテゴリ 電池寿命 電源 寸法 重量 高さ 長さ 動作温度 Max 動作温度 Min モデル番号(P) 安全カテゴリ電圧
RS品番 123-2240
メーカーRS PRO
¥22,725.00
購入単位は1個
10 mA, 20 mA, 30 mA, 100 mA, 300 mA, 500 mA LCD - - メイン 180 x 130 x 70mm 800g 70mm 180mm +40°C 0°C IRT1900 - 130mm