オシロスコープ

オシロスコープは、別名を「Oスコープ」といい、電子信号の波形及び帯域幅の取り込み、処理、表示、分析によく利用されている複雑な電子実験装置です。このデバイスは、瞬時の信号電圧のグラフを時間の関数として描画します。Oスコープは、信号ジェネレータから送られる信号のアナライザです。デジタルオシロスコープは、デジタルストレージオシロスコープ(DSO)又はデジタルサンプリングオシロスコープ(DSO)とも呼ばれています。



オシロスコープの種類



Oオシロスコープはさまざまなカテゴリに分類されます。最も大きな分類の違いは、アナログオシロスコープとデジタルオシロスコープです。デジタルオシロスコープにも、いくつかの種類があります。




  • デジタルオシロスコープ: 基本タイプのオシロスコープ。基本波形を処理して、トリガ発生を進める機能をいくつか備えています。

  • ストレージオシロスコープ(DSO): メモリに波形を記録して一定時間表示します。

  • フォスファオシロスコープ(DPO): 並列処理アーキテクチャを使用して、信号の捕捉と表示ができるようにします。

  • デジタルサンプリングオシロスコープ: 高周波数信号(例: 最大50 GHz)を分析するために使用されます。

  • ミクスドドメインオシロスコープ(MDO): 波形を表示する時間と、信号スペクトルを表示する周波数の2種類以上のドメインで操作できます。

  • ミクスドシグナルオシロスコープ(MSO): オシロスコープ機能とロジックアナライザ機能を組み合わせています。


デジタルオシロスコープの仕組み



オシロスコープはグラフ表示装置です。電気信号のグラフを描画します。ほとんどの用途では、経過時間に伴う信号の変化がグラフに表示されます。縦(Y)軸が電圧を表し、横(X)軸が時間を表します。オシロスコープには、測定データをダウンロードするためのUSBポートなど、ユーザーフレンドリな機能を追加したものもあります。



最も単純な形式のデジタルオシロスコープは、次の6要素を備えています。




  • アナログ垂直入力アンプ

  • アナログ-デジタルコンバータとデジタル波形メモリ

  • トリガとクロックドライブを備えたタイムベース

  • 波形表示と再構成のための回路

  • LED又はLCDディスプレイ

  • 電源



最適なオシロスコープを選択する方法


オシロスコープは、業界で広く使用されていますが、これまで以上に性能が向上し、さらに広範に使用されるようになっています。



オシロスコープには、独自の特性を有するさまざまな多くのタイプがあります。たとえば、この小型軽量ハンドヘルドデジタルオシロスコープは、サービス、メンテナンス、設置を行う技術者に最適です。これは、さまざまな種類のオシロスコープがさまざまな用途に適用され、正しい種類を選択することで、最高のパフォーマンスが発揮され、得られる効果も最大限になることを表しています。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) チャンネル数 帯域幅 オシロスコープタイプ シリーズ 電源 ディスプレイのタイプ 最小垂直軸感度 最大垂直軸感度 最小タイムベース 最大タイムベース 画面サイズ サンプルレートランダム バッテリタイプ CANインタフェース
RS品番 134-6480
メーカー型番410-321
メーカーDigilent
¥29,100.00
購入単位は1個
2 30MHz USB - USB アナログ - - - - - - - -
RS品番 146-5600
メーカー型番410-324
メーカーDigilent
¥10,900.00
購入単位は1個
2, 2 (Oscilloscope), 10 (User Programmable) 2MHz PCベース OpenScope MZ 電源、USB LED灯 - - - - - - - -