周波数カウンタ

周波数カウンタとは何ですか?

周波数カウンタは、周波数を計測するために使用する電子機器です。通常、この計測器は、周期的な電気信号で1秒間あたりの振動数又はパルス数を計測します。周波数カウンタは使いやすく、カウンタをオンにして、入力に信号を送信するだけです。この製品は、デジタルロジック信号から、RF、マイクロ波まで、多くの信号の計測に使用できます。

周波数カウンタの使用に関する一般的なガイドライン

• 入力を過負荷にしない: 入力が50 ΩのRF周波数カウンタを使用している場合に発生する可能性があります。
• 周波数カウンタのタイムベース / クロックへの給電を止めない: 周波数カウンタ内のクロックのタイムベースが、計器の全体的な精度を設計します。
• タイムベースを正確に保つ: タイムベースの精度が計測の精度に直接反映されるため、正確なタイムベースで機器を使用するか、非常に正確な外部機器を使用する必要があります。
• 較正を行う: 最も正確なクリスタルベースのクロック発振器又はタイムベースであっても、機器に影響するクリスタルエージングなど、さまざまな問題が発生します。したがって、タイムベースの周波数を可能な限り正確に保ち、他のすべての機能が所定の範囲内で動作するように維持する必要があります。
• ノイズが多い信号の場合、トリガエラーに注意する: ノイズが多い信号に対して、周波数カウンタ又はタイマを使用する場合、ノイズにより、読み取りに影響する偽計数が発生する可能性があります。
• すべてのタイムベースを1つのクロックにロックする: システムで複数のタイムベースを使用している場合、複数の信号で信頼性が低下し、不正確になる可能性があります。この問題を解決するには、多くの場合、システムのすべての要素を単一の正確なタイムベースにロックする方法が有効です。
用途:
• トランスミッタキャリアの周波数を計測
• 回路内の発振器の周波数を計測
• 回線信号の周波数を計測
• 安定した反復信号の周波数を計測する必要がある用途
周波数カウンタを使用してRF信号の周波数を計測するには、いくつかの前提条件があります。
• 周波数は安定している必要がある(変動的ではない)
• 適切に計測できなくなるため、信号の変調は行わない
• 信号には十分な振幅が必要とされる(通常、約0.5 V以上の信号が適切)
• 信号を過度に強くしない(入力が過負荷になる可能性がある)
周波数カウンタは使いやすいテスト機器です。問題が起きにくく、正確な結果が得られます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 最小周波数 分解能 プラグタイプ モデル番号(P) コネクタ タイプ パルス幅分解能 入力インピーダンス 入力電圧 Max 入力電圧 Min 動作温度 Max 動作温度 Min 寸法 最大周波数
RS品番 713-4286
メーカー型番53210A
メーカーKeysight Technologies
¥260,100.00
購入単位は1個
1 (DC) MHz 10 桁 - 53210A BNC 40ns 1 MΩ、50 Ω 5 V, 50 V -50 V, -5 V +55°C 0°C 261.2 x 302.2 x 103.8mm 302.2mm 350MHz
RS品番 713-4298
メーカー型番53230A
メーカーKeysight Technologies
¥468,100.00
購入単位は1個
1 (DC) mHz 12 桁 欧州、英国 53230A BNC 40ns 1 MΩ、50 Ω 5 V, 50 V -50 V, -5 V +55°C 0°C 261.2 x 302.2 x 103.8mm 302.2mm 350MHz
RS品番 713-4295
メーカー型番53220A
メーカーKeysight Technologies
¥300,100.00
購入単位は1個
1 (DC) mHz 12 桁 欧州、英国 53220A BNC 40ns 1 MΩ、50 Ω 5 V, 50 V -50 V, -5 V +55°C 0°C 261.2 x 302.2 x 103.8mm 302.2mm 350MHz