型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

温度プローブ

温度プローブを使用して空気、 液体または表面温度を測定し、各種の携帯で市販されています。たとえば、熱電対、 サーミスタおよび PT100 などで、温度計ならびに温度データ記録装置を補完します。 プローブの内部センサから温度によって変化する電圧が生成されます。 この電圧は、接続装置によって読み取られ、測定が可能になります。 温度プローブにはさまざまな長さのケーブルがあり、ほとんどの場合、すばやく 簡単 に取り付けられるプラグが付いています。 ステンレススチール製で、 温度プローブはヘビーデューティなので、産業環境や商業環境での過酷な環境に適しています。 こうしたすべてが同時に、非常に正確で信頼性の高い測定を実現しています。

温度プローブの種類

  • 抵抗温度検出器( RTD ) - RTD は抵抗温度検出器とも呼ばれます。 これらは高精度の温度プローブで、次の高導電性金属で製造されています: プラチナ、 銅またはニッケル。 幅広い温度に対応します。 ただし、製品寿命には問題があります。 そのため、頻繁に交換する必要があります。
  • 負の温度係数( NTC )サーミスタ - 温度サーミスタは、温度の変化をすばやく非常に高い精度で反映します。 多くの場合、コストが削減されますが、 温度範囲は狭くなります。
  • 熱電対 - 熱電対は最も一般的に使用される温度プローブです。 これはシンプルさと、 温度変化に対する応答速度が理由です。 熱電対の長期的な安定性は低く、頻繁に交換する必要があります。 多様なタイプの熱電対があり、 どれもば異なる材質で作られ、さまざまな温度に対応できます。 最も一般的なのはタイプ K 熱電対で、 温度範囲は -180 〜 1300 ° C です。

温度プローブの代表的な用途

温度プローブは堅牢な設計で知られており、多くの汎用産業、 商業および科学的用途に最適で、ここでは正確な温度測定と監視が重要となり、テストや調査中に機器が正しくまたは正確に測定されるようにするために不可欠です。 このセンサプローブは、次の分野でよく使用されます。

  • 空調/冷蔵
  • 化学業界
  • プラスチック加工
  • ストーブ・グリル
  • 食品加工
  • 研究室

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数