ねじタップセット

タップセットとは?


材料にねじ山を切るために使用します。タップの使い方はドリルビットに似ていますが、穴を開けるために材料を除去するのではなく、既存の穴の内壁の材料を除去し、ねじ山を作成します。タップは、タップレンチ又はドリルなどの電動工具と組み合わせて使用できます。タップレンチ又はTレンチを使用して手作業でねじを切るため、ねじ山をゆっくり形成することができ、均等かつスムーズに切り、最高の仕上がりになります。電動工具を使用してねじを切ると、迅速に大量の作業を行えますが、ねじ山が正しく切られていることを確認する必要があります。


タップの種類


テーパータップは、まだねじ山の切られていない材料に新しいねじ山を切り始めるときに使用します。この緩やかなテーパーカットにより、スムーズに新しいねじ山を切り始められます。タップの負担を軽減するため、また、小径の穴に細いタップを使用するとねじ切り中に折れやすいため、主にスチール合金のような硬い材料が使われます。


2番タップ又は中タップは、テーパータップと使い方が似ており、まだねじ山の切られていない材料に新しいねじ山を切るために使用されます。2番タップはテーパーが短いものの、ねじ部に付いているねじ山の数が多く、より多くのねじ山を速く作成できます。2番タップは最もよく使用されるタップの1つです。材料に新しいねじ山を切れるだけでなく、若干摩耗したねじ山や潰れたねじ山を修正することができます。


ボトムタップは2番タップとは異なり、テーパーがなくまっすぐで連続した切れ刃が付いているため、穴に入れると同時にねじが切られます。ねじ部全体に刃が付いているため、止まり穴の底までねじを切れます。止まり穴タッピングとは、材料を貫通しない穴にねじを切ることを言います。ボトムタップは通常、テーパータップ又はセカンドタップで事前にねじ山を切った後や、摩耗したり潰れたりした古いねじ山を修正するときにのみ使用します。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) セットタイプ 最大タップサイズ 最小タップサイズ 個数 材質 セット内容
RS品番 171-2460
メーカー型番K-437-3
メーカーホーザン
¥867.00
購入単位は1個
穿孔工具用タップセット M3 - 3 - ボトムタップ、プラグタップ、テーパータップ