電気二重層コンデンサ編


技術情報   >   テック君の豆知識   >   電気二重層コンデンサ編


電気二重層コンデンサ編

ニチコン株式会社に聞く!電気二重層コンデンサ編

使う前に、選ぶ前に、これだけは知っておきたい部品のジョーシキ。
今さら聞けない あんな質問、こんな疑問を、RSが代わりに伺ってきました。

取材協力:ニチコン株式会社 様

大容量コンデンサの定番
蓄電デバイスの位置づけ

コンデンサとは違うのですか?

電気二重層コンデンサ(Electric double-layer capacitor:以下 EDLC と表記)は、コンデンサと二次電池の中間に位置する蓄電デバイスです。コンデンサとして捉えた場合の静電容量は数十F (ファラッド)以上にも達し、一般のコンデンサとは大きくかけ離れています<図1>。しかしながら、電気的な特性面ではまさにコンデンサです。例えば、EDLCは放電に際しコンデンサと同様に放電直後から直線的(注:定電流放電の場合)に電圧が低下する特性を示します。これに対して電池では一定の電圧を保った後電圧が低下します。<図2>

図1:静電容量の比較

静電容量の比較

図2:放電特性の違い

放電特性の違い

一方、一般の二次電池と比較すると、パワー密度(単位体積当たりの出力電力)では勝るものの、エネルギー密度(単位体積当たりに蓄えられる電力量)は電池に及びません。<図3>

図3:パワー密度とエネルギー密度

パワー密度とエネルギー密度

このことから、EDLCを瞬発力に優れた小型電池として捉えることもできます。そのうえ、EDLCは急速な充放電や百万回を超える充放電にも耐えるなど電池にはない特長を持っています。<表4>

表4:各デバイスの得失

  EDLC AL 電解コンデンサ NI-Cd 電池 リチウム電池
バックアップ能力
公害性 Cd 使用
使用温度 -40~85℃ -40~105℃ 0~45℃ -20~60℃
充電時間 数秒 数秒 数時間 数時間
充放電寿命 原理的に無制限 原理的に無制限 300 回程度 800 回程度
充放電の制限 無し 無し 有り 有り

そもそも電気二重層って何?
原理と応用製品

コンデンサとは仕組みが違うのですか?

EDLCは電気二重層を誘電体とした対面電極のコンデンサ構造をしています。 電気二重層は固体と液体との間で自発的に生じ、充電によって電子またはホールが互いに引き合って整列している状態を言います<図5>。図で分かるとおり両方の電極表面に形成されますが、等価的に電極間の距離がナノメートルオーダと極めて近いので大容量を実現できます。他方、距離が近いことから大きな耐圧を得ることが難しいという面もあります。また、EDLCの充電と放電はイオンの移動によるものであり、電池と異なり化学反応を伴わないので、充放電により劣化が少なく長寿命であるとともに、内部抵抗(コンデンサで言う等価直列抵抗(ESR)が小さく良好な充放電特性が得られる特長を持ちます。

図5:EDLCの原理構造

図5:EDLCの原理構造

実際のEDLCは、電解コンデンサと同じようにコンデンサ箔を円筒状に巻き取った捲回タイプと層を重ねた積層タイプ(コイン型)のものがあります。また、複数のEDLCを並列又は直列接続することで蓄電容量を大きくしたモジュール製品もあります。<図6>

図6:製品例

図6:製品例

蓄電と電源アシスト
アプリケーション

どんなところに使うのが賢いのでしょう

EDLCはコンデンサと電池の中間に位置する蓄電デバイスですので、蓄電機能を利用するアプリケーションがまず考えられます。例えば家電品などの待機電力源、瞬時停電や電源電圧低下などのバックアップ電源、非常灯などの局所電源です。

次に、優れた充放電特性を利用する用途として、変動が大きな充放電システムに対するアシストが挙げられます。具体的には太陽光や風力発電システムなどにおいて発電時にEDLCに蓄えた電力を急負荷時に放出することで負荷変動を平準化し、システムの耐力を増すロードレベリング用途があります。EVやHEVなどの自動車用途では、これに加えて電力回生時のレベリングといったアシスト効果も期待できます。<図7>

図7:EDLCのアプリケーション

図7:EDLCのアプリケーション

充電と放電
仕様の決定と品種の選択

設計上の留意点を教えてください

設計はEDLCをコンデンサとして考え、システムに必要なエネルギー量からEDLCの総容量を決めることからスタートします。

実際にはまず、必要な電圧[V]と電流[A]から電力[W→J/s]、さらに持続時間[s or h]から必要なエネルギー量Ja[J]を求めます。一方、容量C[F]のコンデンサに蓄えられるエネルギーは1/2×C×V^2 [J]ですので、放電開始時の電圧をV1、放電終了時の電圧をV2とすれば供給エネルギーJb [J]は<図8>の式で与えられ、Ja=Jbとすることでコンデンサの容量を決めることができます。

図8:静電容量とエネルギーの関係

図8:静電容量とエネルギーの関係

次に、EDLC製品の電圧と容量定格を参照しながら総容量をいくつのコンデンサで構成するかを決めます(直並列数の決定)。その場合、アプリケーションが短時間充放電のW重視か長時間放電のWh重視かで最適な品種が異なることもあるので、選択肢を多くしておくのがコツです。

その後、回路設計に入るわけですが、基本的には大容量のコンデンサとして動作する回路になります。<図9>にEDLCの充放電特性の一例を示しました。回路設計に際してはEDLCの抵抗成分にも注目してください。その際、直流に対しては直流内部抵抗[DCR]が主眼となりますが、短期間に充放電が繰り返されるものや、EDLCにリップル電流が流れる回路では当該周波数に於ける等価直列抵抗[ESR]にも注目します。なお、DCRやESRは温度等で変動するパラメータであることに留意してください。

図9:放電特性とパラメータ例

図9:放電特性とパラメータ例

他には、有寿命部品であることを認識した設計が必要なこと、温度上昇に対する配慮が必要なこと直列あるいは並列に使用する場合は各コンデンサに電圧や電流が偏りが生じないようにするなど電解コンデンサと類似する部分が多くあります。何れもメーカから開示されている注意事項と照らし合わせ、安全で安定した動作を実現する設計および実装を心がけてください。