プレスセンター

プレスリリース

Press Releases


基板CADライブラリ提供サービス「PCB Part Library」がKiCadに対応

日本, 2017年3月15日:

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社(日本法人本社:神奈川県横浜市、代表取締役:横田 親弘)は、同社が無償提供している基板設計CAD用ライブラリデータベース「PCB Part Library(//www.rs-online.com/designspark/pcb-part-library-jp)」の対応フォーマットにKiCadを追加したことを明らかにしました。KiCadは、GNU/Linux、Apple OS X、Windowsで動作するオープンソースの基板設計CADで、近年、国内で急速に普及が進んでいます。

アールエスコンポーネンツが無償提供しているPCB Part Libraryは、プリント基板CAD用ライブラリの無料提供サービスです。同社が無償提供している「DesignSpark PCB(デザインスパーク PCB)」を始め、Autodesk Eagle、OrCAD、Altium、Mentor、PADS等他社製のプリント基板設計CADでも使用できます。このたび国内で多く利用されているKiCadのフォーマットに対応することで、プリント基板設計の裾野をさらに広げるとともに、電子設計の一般への普及拡大に寄与します。

プリント基板設計では、使用する全部品の「回路記号」や「フットプリント」といったCADライブラリを正しく作成する必要があり、こうした作業が全体の工数増大を引き起こしていました。KiCadの場合もこのライブラリ作成が普及にむけての大きな課題となっていました。PCB Part Libraryには、基板設計の国際規格IPC-7351に準拠した、膨大な部品のCADライブラリがあらかじめ登録されており、自由にダウンロードして利用できます。また未登録部品の作成を依頼することもでき、1~2営業日程度で利用できるようになります。このためユーザは、CADライブラリ作成にかかっていた時間を大幅に削減でき、基板設計の作業効率化を図ることができるようになります。

PCB Part Libraryを利用するには、アールエスコンポーネンツが運営するエンジニア向けコミュニティサイト「DESIGN SPARK(デザインスパーク、www.rs-online.com/designspark/home-jp)」から「Library Loader」というツールをインストールし、ユーザ登録を行う必要があります。

関連リンク

DESIGN SPARKホームページ
//www.rs-online.com/designspark/home-jp

プリント基板CAD「DesignSpark PCB」
//www.rs-online.com/designspark/pcb-software-jp

3D CAD「DesignSpark Mechanical」
//www.rs-online.com/designspark/mechanical-software-jp

電気CAD「DesignSpark Electrical」
//www.rs-online.com/designspark/electrical-software-jp

基板CADライブラリ無料提供サービス「PCB Part Library」
//www.rs-online.com/designspark/pcb-part-library-jp

部品のライフサイクル管理支援「部品ライフサイクルマネージャー」
//www.rs-online.com/designspark/obsolescence-manager

電子設計リファレンスアプリ「RS Toolbox」
//www.rs-online.com/designspark/rs-toolbox-jp

RSオンラインにご登録いただいた方に、最新の技術情報や新商品、お得なキャンペーン情報をいち早くお届けしています。
ご登録はこちら