IIoTを支える
スマートセンシング

RSオンラインでは、急速に成長する「スマートセンシング」を
開発・設計・試作するための半導体、受動部品、接続部品などを
幅広くご用意しています。

RSはSmart Sensing 2019 に出展します!



RSコンポーネンツは電子機器トータルソリューション展内、
Smart Sensing 2019へ出展いたします。

デジタルとフィジカルがつながるイノベーション時代に向けて、
新社会プラットフォームの展示会。

RSが取り揃えております豊富な商品の中から IoT、 IIoT、 Industry 4.0、通信に関連する
イチオシ商品を展示いたします。

【 展示会概要 】
・ 展示会名:Smart Sensing 2019
・ 会期:2019年6月5日(水)〜6月7日(金)10:00〜17:00(6月7日は16:00まで)
・ 会場:東京ビッグサイト 西4ホール
・ 小間番号:4-128

【 LPWAに関するセミナーも開催!】
 同展示会において出展者セミナーにてプレゼンを行う予定です。
 (聴講無料 : 会期中2回開催)

<セミナータイトル>
  ラズパイでフリーLPWAの衝撃
   ~IoTイノベーションに向けたネット商社の挑戦~

<JPCA NPIプレゼンテーション>
● 日時: 6月5日(水)14:10-14:40(30分)
● 会場: NPI会場B (西展示ホール内2F 西2 商談6)

<Smart Sensing イノベーションサミット>
● 日時: 6月5日(水)14:15-15:00(45分)
● 会場: 西4展示ホール内 セミナー会場


▼ Smart Sensing 2019 来場登録など詳細についてはこちら

RSブース 出展メーカー

下記のメーカー様はRSブース内にご出展いただき、センサ、IoTに関する商品・技術資料等を展示いただきます。

IIoT を支える スマートセンシング

IIoT(Industrial IoT)による製造業の変革が始まり、「繋がる工場」「スマート工場」「リモートメンテナンス」などの次世代の製造思想のキーワードが溢れています。
その中で、IIoTテクノロジの活用によって最も導入が進んでいる分野の一つが「予知保全」です。

「事後保全」:機械・設備の故障が起きてから対応
「予防保全」:機械・設備の仕様や性能に基づいて故障を未然に防ぐ
「予知保全」:機械・設備の稼働状況をリアルタイムにモニタリング・分析し故障を予知

クラウドへの接続を可能にする工場のネットワーク化、機械・設備間の工場内ネットワーク化
(産業用イーサネット化)は急速に普及しており、
次に求められるは「スマートセンシング」と呼ばれる
入力機器のインテリジェント化です。

具体的には、高精度のアナログセンシングの活用、
電気信号からの通信信号化、通信機能への対応や
通信機能の実装、センサ自体のノード化などが
挙げられます。

RSオンラインでは、急速に成長する「スマート
センシング」を開発 / 設計 / 試作するための半導体、
受動部品、接続部品などを幅広くご用意。

RSならスマートセンシング機器の開発をスマートに
実現します。

スマートセンシング関連商品

半導体

受動部品

コネクタ

DesignSpark内の IIoTカレントピック

エンジニアむけポータルサイトDesignSparkでは、製品紹介や成功事例など
IIoTに関わるトピックを掲載しています。

センサ技術
インダストリー4.0
無線通信技術
ロボット工学

    DesignSpark の 無料ソフトウェア

    DesignSparkではIIoT開発にも活用できる様々なツールを無料で提供しております。商用利用でも無料です。