Keysight Technologies

測定器・高周波計測用アクセサリ(MTA)ならRS。
通常翌日にお届けします。
RSは、Keysight Technologies社の正規代理店です。
本サイトに記載されていない製品のご要望は、カスタマーサービスへご連絡頂ければ対応させて頂きます。
※都合によりご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

PathWave BenchVueソフトウェアがなぜ素晴らしいのか?
Keysightだから出来る!

無料で使えるPathWave BenchVueソフトウェア
測定結果を迅速に提供する自動テスト
テスト・シーケンス・ソフトウェアの作成に手間を取られません

ソフトウェアやテストの開発は、時間がいくらあっても足りません。適切なソフトウェアツールを使用することで、PCB(プリント基板)テストやファンクションテストのテスト時間を短縮し、製造の開発を高速化できます。

対象製品:
電源、マルチメータ、オシロスコープ、データ収集、ファンクションジェネレータ
ユニバーサルカウンタ、電子負荷、LCRメータ *一部有償となります

PathWave BenchVueソフトウェアの特長

  • 無料でダウンロードして使用可能
  • 測定器と接続するソフトウェアライセンスは、測定器に付属(一部有償)
  • プログラム作成が不要/テストフロー入力で自動シーケンス作成
  • ドラッグ・アンド・ドロップで迅速にテストのプロトタイプ作成可能
  • 複数の測定器を接続可能
  • 測定データの自動保存でレポートの短時間作成が可能

詳しくは以下の動画をご覧ください。
<タイマーIC出力の電圧変動、自動評価 (2分57秒)> 自動測定に関しては是非この動画をご覧ください。
<テストフロー作成 (2分14秒)>
<データ取得 (3分09秒)>
<レポート作成 (3分05秒)>


電気的測定器の開発者だった人の意見(RS社員)
私はリチウムイオン二次電池用バッテリパックモジュールの電気的測定試験器の開発を行ってました。
電池を使用すると言う事は携帯用電子機器(デジカメ、ビデオカメラ、ノートPC)がメインの製品でした。
当時は新製品のモデルチェンジが季節毎にあり、試作品の製作の日々に追われてました。
試作品は短納期での出荷が当たり前で基板実装から完成品まで2日~3日間でお客様へ出荷しなければなりませんでした。
試作基板が完成したら、最終の動作確認試験で次の様な電気特性を測定していました。
『消費電流、過電流、短絡電流、遅延時間、温度、IC動作電圧、抵抗値など』
この様に複数の測定項目があるのでPCでプログラミングし制御を行ってました。
(独自に作成したリレー回路基板をI/O制御 又電源、マルチメータ、周波数カウンタをGP-IBで制御)
これには時間と費用が掛かる上に専門的な技術力も必要です。
私は実際にPathWave BenchVueソフトウェアでテストシーケンス組み、しかも複数の測定項目はDAQ970にリレーモジュールを組み込み簡単に自動測定器を作り上げる事が出来ました。
他にも品質管理として電気的測定結果レポート作成などでも活躍できるソフトウェアです。
測定データが自動保存されるので出荷検査データをそのまま作成できる。
こんな便利なソフトウェアがあるKeysightは最高だと思います。

Keysight Technologies 高周波計測用アクセサリ(MTA)

高周波計測用アクセサリ(MTA)なら RS

Keysight Technologiesの高周波計測用アクセサリ(MTA :Microwave Test Accessories)は受注生産です。
電気計測の高精度実現のため精密加工を要し、通常数ヶ月の納期になる場合も珍しくありません。
RSは、Keysight Technolgoiesのマスターリセラー(総代理店)として、
主要MTA製品を自社国内倉庫常時在庫。ご注文後、国内なら翌営業日にお届けします。

高周波計測用アクセサリ(MTA)とは?

高周波帯域の測定では、低周波帯域の測定と異なり、測定信号の経路に特別な測定系を構築する必要性があります。

特に測定系における信号源、伝送路、負荷のインピーダンスの整合は重要です。
また、測定系の構築には、信号の①減衰、②分岐/合流、③切り替え、④コネクタ形状の適合用として高精度な専用アクセサリを必要とします。

代表的な高周波測定用アクセサリ(Microwave Test Accessories:MTA)としては、アッテネータ(減衰器)、デバイダ、スプリッタ、スイッチ、変換アダプタ、ディテクタなどがあり、ネットワーク・アナライザや、シグナル・アナライザなどのマイクロ波測定器とともに使われます。

MTA製品は、マイクロ波測定に携わるエンジニアが日常的に使うツールであり、必要となった場合にはすぐに入手したいというニーズがあります。
Keysight Technologiesでは測定器本体とともに幅広いMTA製品を多数ラインナップしており、測定専用に設計、精密に製造されているため、以下のような特性において優れた性能を発揮します。

  • SWR(挿入損失)が低い → 測定に与える影響の最小化
  • 減衰量の確度が高い(アッテネータ) → 正確な測定値が得られる
  • 再現性が高い → 周波数帯によるバラつきが少ない
  • 仕様化されている → 試験成績書発行(有償、一部対応不可の製品もあり)

Keysight Technologies 測定器

Keysight Technologies について

Keysight Technologies Logo

キーサイト・テクノロジー社(Keysight Technologies) は、
米・カリフォルニアに本社を置く世界有数の電子計測器メーカです。

ワイヤレス、モジュラ製品、ソフトウェアソリューションの技術革新を推進し、新たな計測手法の構築に取り組んでいます。
HPとアジレントから受け継いだ技術をさらに発展させ、無線通信、航空・宇宙・防衛、半導体の市場に、業界最高レベルのプラットフォーム、ソフトウェア、一貫性のある測定機能を備えたソリューションを提供しています。
日本では八王子に本社を構え、販売、テクニカルサポート、キャリブレーション等のサービスを展開しています。