JST 圧着工具 WCシリーズ 圧着コンタクト ラチェット

  • RS品番 688-0912
  • メーカー型番 WC-110
  • メーカー/ブランド名 JST
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
詳細情報

JST WC-110手動圧着工具、SXH圧着端子用

高品質な圧着の重要性

端子に圧着工具を使用する場合、2つの圧着が同時に行われます。1つは導体と端子間の電気接続です。もう1つは、振動と張力に対するストレインリリーフを提供する絶縁圧着です。電気接続は、ワイヤストランドと端末の間に空隙がない、気密接続にすることが重要です。空隙があると、腐食が発生して抵抗と加熱が発生し、電気接続に損傷が発生する可能性があります。良質の圧着工具を使用することにより、完全な気密性の圧着を実現でき、電気接続と絶縁の将来の劣化を防止することができます。

WC-110 JST手動圧着工具 - 概要

JSTは、高品質素材からできた耐久性、信頼性、使いやすい手動圧着工具を製造しています。この圧着工具は、快適に使用できるように人間工学に基づいてデザインされ、ソフトグリップが付けられた2本のハンドル、ラチェット機構、高精度グラウンドダイアセンブリ、ロケータ、ワイヤストッパで構成されています。ダイアセンブリには、ワイヤサイズ22 AWG、24 AWG、26 / 28 AWGの3つのキャビティがあります。工具の事前に設定されている荷重は簡単に調整できます。

ラチェット機構

このラチェットは、一定の加圧力に設定済みで、ハンドルが完全に閉じてダイが底に付くまでロックされたままになります。圧着サイクルが完了するまで、ハンドルを開くことはできません。したがって、中途半端な圧着を防止することができます。圧着サイクルが完了すると、ハンドルが再び開きます。ラチェットにより、一貫した質の高い圧着を繰り返し行えるようになります。ジャミングや端子の誤配置が発生した場合は、ラチェットリリースレバーを押すことで、ハンドルを簡単に開くことができます。

ロケータとワイヤストッパ

圧着プロセスで端子を正確に配置できるように、この手動圧着工具には、ユーザーフレンドリなフラップスタイルのロケータが備わっています。端子を正しい側面に挿入できるようにするロケータは簡単に開くことができます。端子を挿入すると、ロケータが所定の位置に戻り、圧着工具が最初のラチェットまで閉じられます。この後、被覆を除去したワイヤをワイヤストッパに当たるまで端子に挿入していきます。挿入したら、手動工具は、ラチェットが解除されるまで閉じておくことが可能です。ロケータが開かれ、完全に圧着した端子を慎重に取り外すことができます。

主な特長と利点

• 優れた耐久性と使いやすさ
• 高精度のグラウンドダイ
• 完全な圧着サイクルを実現するラチェット機構
• ラチェットリリースラッチ
• ロケータとワイヤストッパで、端子を正確に配置可能
• 荷重の再調整が簡単
• エルゴノミックデザインの使いやすいソフトグリップハンドル

質問と回答

この圧着工具にはどの端子を使用できますか?
この手動圧着工具は、JSTルーズピースSXH-001T-P0.6非絶縁圧着端子(ワイヤサイズ28 ~ 22 AWG用)をケーブルに圧着するように設計されています。

JST手動圧着工具

仕様
特性
シリーズ WC
圧着工具種類 ラチェット
圧着コネクタのタイプ 圧着コンタクト
全長 193mm
1 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
65 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
59,048.00
(税抜)
63,771.84
(税込)
単価
1 - 4
¥59,048.00
5 +
¥56,097.00