Pico Technology PicoScope 5000 シリーズ PCオシロスコープ, 2 Ch, 200MHz

  • RS品番 778-1835
  • メーカー型番 PicoScope 5244B
  • メーカー/ブランド名 Pico Technology
データシート
その他
RoHSステータス: 対象外
詳細情報

PicoScope 5000シリーズPCオシロスコープ

PicoScope 5000シリーズは、有用な最高クラスの機能を標準で搭載しています。 こうした機能には、マスク制限テスト、シリアルデコード、高度なトリガ機能、自動周波数ドメイン測定、数値演算、X-Yモード、デジタルフィルタリング、セグメントメモリなどがあります。 各PicoScope 5000オシロスコープに付属の使いやすいソフトウェア開発キット(SDK)を使用すると、リアルタイム信号表示、信号の拡大表示、キャプチャした波形の保存や印刷が可能になります。 PicoScopeソフトウェアは、定期的に更新され、現在30以上の自動測定に対応する自動設定機能を備えています。 このオシロスコープは、小型軽量で持ち運びやすくなっています。 2チャンネルモデルでは、5000シリーズスコープにはUSBからのみ給電することができます。 4チャネルモデルには、外部電源が付属しています。 主な用途には、デザイン、研究、テスト、教育、サービス、修理などがあります。

接続

BNCアナログ入力チャンネル: 2 (52xxxモデル)又は4 (54xxxモデル)
BNC外部トリガ入力 x 1
BNC AWG/関数発生器出力 x 1
プローブ補正出力 x 1

フロントパネル

DC電源ソケット x 1
USB 2.0ポート x 1

リアパネル

備考

関数発生器(5000シリーズの全モデルに付属)は、標準出力信号 - 正弦波 / 方形波 / 三角波 / DC電圧、標準信号周波数(DC → 20 MHz)、出力周波数精度±50 ppm (±5 ppm/年、60 MHzモデル) / ±2 ppm (±1 ppm/年、100 MHz / 200 MHzモデル)、出力周波数分解能<0.05 Hz、出力電圧範囲±2 V (DC精度±1 %)、出力電圧調整 - 信号の振幅 / オフセットを約0.25 mVステップで最大±2 Vまで調整可能、振幅平坦度<2 dB (20 MHz以下)標準 @ 50 Ω負荷、SFDR >70 dB (10 kHzフルスケール正弦波)、コネクタタイプ - BNC (出力インピーダンス50 Ω)、過電圧保護±20 V、スイープモード - 上 / 下 / 交互(開始 / 停止周波数及び増分を選択可能)という構成になっています。

付属品

プローブ(1チャンネルごとに1つ)、ダブルヘッドUSB 2.0ケーブル、標準USB 2.0ケーブル(4チャンネルスコープのみ)、電源アダプタ(4チャンネルスコープのみ)、クイックスタートガイド、ソフトウェア / リファレンスCD

備考

AWG: update rate 200MS/s; buffer size 48kS; resolution 14 bits; bandwidth >20MHz; rise time (10% to 90%) <10ns

付属品

Probes (2x250MHz), double-headed USB 2.0 cable, quick start guide, software and reference CD

Pico PCベース装置

仕様
特性
チャンネル数 2
帯域幅 200MHz
オシロスコープタイプ PCベース
シリーズ PicoScope 5000
電源 USB
ディスプレイのタイプ なし
最小垂直軸感度 2mV/div
最大垂直軸感度 4V/div
最小タイムベース 500ps/div
最大タイムベース 1000s/div
サンプルレートランダム 1 Gsps
上昇時間 1.8ns
高さ 40mm
モデル番号(P) 5244B
垂直分解能 16 bit
長さ 190mm
170mm
動作温度 Max +50°C
寸法 190 x 170 x 40mm
USBインタフェース あり
レコード長 512MS
動作温度 Min 0°C
重量 500g
6 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
245,700.00
(税抜)
265,356.00
(税込)
単価
1 +
¥245,700.00