3cm² パッシブ Scintacor 可視 400 → 640 nm, 800 → 1700 nm つや消し 431115

  • RS品番 905-3775
  • メーカー型番 431115
  • メーカー/ブランド名 Scintacor
データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
COO(原産国): GB
詳細情報

レーザーアラインメント検出器ディスクワンド

Scintacor製のVisualizeシリーズはレーザーアラインメント工具です。 この製品には、可視光検出用に標準のVisualizeシリーズ、IR光検出用にVisualizeIRシリーズ、UV光検出用にUVisualizeが付属しています。
Visualize製品はプラスチック製黒色無反射ハウジングに取り付けられた蛍光シンチレータスクリーンを利用します。 検出器は、レーザーを安全に取り扱うために紫外及び赤外光を可視光に変換します。

レーザーアラインメントディスクワンドはディスクが取り外し可能な黒色ワンド形状工具です。 このディスクの有効領域の直径は3 cmです。
このディスクワンドはワンドを持ち運ぶためのオプションです。 別の方法として、ディスクを取り外して所定のホルダに収納し、工具を長持ちさせることができます。

吸収帯
Visualize: 400 → 640 nm / 800 → 1700 nm
VisualizeIR: 790 → 840 nm / 870 → 1070 nm / 1500 → 1590 nm
UVisualize: 250 → 540 nm

備考

UV材最大刺激: 7 ns、窒素 @ 337 nm 850 MW/cm2 (シングルパルス)
IR材最大刺激: Nd:YAG 60 MW/cm2 @ 1064 nm (7 nsパルス – シングルパルス)

Scintacor Visualizeシリーズレーザーアラインメント製品

Scintacor製のVisualizeシリーズは、紫外、可視、近赤外線放射の検出及びアライメント製品のファミリです。 Visualizeシリーズは、レーザーを安全に取り扱うために紫外及び赤外光を可視光に変換します。 変換後は、レーザー光を目視しながらアライメントできます。
すべてが無反射プラスチック内に取り付けられた蛍光ベースのシンチレータスクリーンで構成されています。 高感度スクリーンによって、レーザー光のアライメント作業で信頼性の高い読み取りが行えます。
多種多様な製品が入手でき、Visualize検出器はさまざまなレーザー検出に対応します。

仕様
特性
検出タイプ 可視
検出波長 400 → 640 nm, 800 → 1700 nm
スタイル ワンド
アクティブ領域 3cm²
特徴 つや消し
シリーズ Visualize
アクティブ / パッシブ パッシブ
取扱終了