STマイクロ STM32 Nucleo-144 開発 ボード NUCLEO-F207ZG

  • RS品番 917-3769
  • メーカー型番 NUCLEO-F207ZG
  • メーカー/ブランド名 STMicroelectronics
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
詳細情報

NUCLEO-F207ZG Nucleo-144開発ボード

STM32 Nucleo-144ボードは、STM32 F2シリーズマイクロコントローラを使用してプロトタイプを構築するための手頃で柔軟な手段です。 性能、電力消費、機能の組み合わせを選べます。
Arduino Unoの拡張であるSTMicroelectronics Zioコネクタを使用するとより多くの周辺機器にアクセスでき、ST morphoヘッダと組み合わせると各種シールドで機能を拡張できます。 内蔵のST-LINK/V2-1デバッガ / プログラマは、STM32総合ソフトウェアHALライブラリ及びソフトウェアサンプルが付属しているほか、ARM mbedオンラインリソースに直接アクセスすることもできます。

特長

LQFP144パッケージのSTM32F207ZGT6マイクロコントローラ搭載
すべてのSTM32入力 / 出力にST Zioコネクタ(Arduino Uno Revision 3接続サポート)及び
ST Morpho拡張ピンヘッダ経由でフルアクセス
ARM mbed対応(mbed.org)
オンボードST-LINK/V2-1デバッガ / プログラマ(SWDコネクタ付)
仮想通信ポート、マスストレージ、デバッグポートのインターフェイスにUSBで対応
柔軟なボード電源
USB OTG又はMicro-ABコネクタでのデバイスフルスピード
IEEE-802.3-2002準拠のイーサネットコネクタ
3個のLED: 電源LED、USB通信、ユーザーLED
USER及びRESETプッシュボタン
32.768 KHzの水晶発振器
統合開発環境(IDE)サポートあり

STM32F2シリーズ32ビットARM® Cortex®-M3マイクロコントローラ、STMicroelectronics

STM32ファミリの32ビットフラッシュマイクロコントローラは、埋め込み用に専用設計された革新的なARM Cortex™-M3コアをベースとしています。 STM32ファミリは、Cortex-M3のアーキテクチャ強化による利点を備えています。

120 MHz Cortex™-M3 CPU
優れたリアルタイム性能
卓越した電力効率
優れた革新的な周辺機器
統合の最大化
ファミリの枠を越えたピン対ピンの周辺機器及びソフトウェアの互換性

仕様
特性
分類 開発 ボード
キット名 STM32 Nucleo-144
テクノロジー MCU
デバイスコア ARM Cortex M3
プロセッサファミリ名 STM
プロセッサ品番 STM32F207ZGT6
プロセッサ種類 MCU
2 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
19 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
2,643.00
(税抜)
2,907.30
(税込)
単価
1 +
¥2,643.00